全国4ブロックで発売「春きらきらくじ」それぞれの特徴解説

3月17日(木)7時0分 NEWSポストセブン

 1等・前後賞合わせて7000万円が当たる「春きらきらくじ」が、3月19日(土)から31日(木)まで、1枚200円で発売される。年度末を飾る節目の宝くじとして、大きく当てて新年度につなげたいところだ。この宝くじは全国を4つのブロックに分けて発売されるが、ブロックごとの特徴は次のようになっている。


【東京都宝くじ】

 300万円と10万円の当せん確率は、どちらも全ブロックの中でトップ。さらに、下4ケタの抽せんで10万円が当たるのは東京都だけだ。


【関・中・東宝くじ】

 特別賞の「春きらきら賞」(1万円)が最も当たりやすい。もし30枚購入した場合、約10人に1人の割合で1万円以上が当たる。


【近畿宝くじ】

 発行枚数が最も少ない近畿は、当然ながら1等の確率が最も高い。グリーンジャンボの1等と比較すると、何と約7倍もの当たりやすさ。


【西日本宝くじ】

 全体的にバランスがよく、特に1〜10万円の中間賞金が優遇されている。また、西日本宝くじのみに存在する3万円も魅力。


 なお、昨年の「春きらきらくじ」の高額当せんが未換金の状態だという。支払期限が迫っているので、もう一度、ご確認を。


※女性セブン2016年3月31・4月7日号

NEWSポストセブン

「ブロック」をもっと詳しく

「ブロック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ