辻希美 “初めての電車”利用も「乗り間違え」「立ちっぱなし」で音を上げる

3月17日(金)12時33分 Techinsight

「電車には本当に参った」と辻希美

写真を拡大

タレントの辻希美が16日、事務所での打ち合わせの後「今日はちょっと初めての電車に乗って帰ってみよう」と思い立ち、実行に移したという。最初は物珍しさもあり楽しそうだったが、乗り換えで電車を間違えてから大変な目にあったようだ。

『辻希美オフィシャルブログ「のんピース」』で、乗車前に「電車の中ではこれを読むの」とお気に入りのアイシングクッキーの本を紹介していた辻希美。電車に乗るとすぐに乗り換えの駅に到着し、次の電車に乗り込むために「入り口や出口を探しながら帰るのが、ゲームみたいな感覚で楽しいです」と構内をワクワクしながら歩いていたらしい。無事に乗車できたと思っていたら、なかなか「(降りたい駅に)着かない」と辻は焦り出す。それもそのはず、彼女は逆方向の電車に乗ってしまったのだ。

「さっきまで電車を楽しんでた私」「一気に電車が嫌いになりそぅだ」と泣きそうになりながらやっと目的の駅に降り立った辻は、無事保育園に息子たちを迎えに行くことができてホッとしていた。

いつもは事務所から帰宅する際にはタクシーを利用していたようだが、今回は電車に乗ったことで色々勉強になったという。午後3時でも車内は満員でずっと立ちっぱなし、優雅にお菓子の本に目を通すどころでは無かったようだ。辻は「立ちっぱなしだったから足がパンパ〜ン」「電車には本当に参った」と音を上げていた。

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

電車をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ