広瀬アリスと本田翼をチェンジ希望!次期「月9」の配役はハマってるのか

3月18日(月)10時15分 アサジョ

 4月スタートのフジテレビ系「月9」枠では「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の原作・横幕智裕氏、作画・モリタイシ氏による漫画「ラジエーションハウス」が同名タイトルで実写ドラマ化される。病院の放射線科「ラジエーションハウス」が舞台で、レントゲンやCTで病変を写し出す診療放射線技師と、画像を読影して病気を診断する放射線科医を描く医療ドラマだ。

 権威ある放射線“科医”に認められるほど天才的な読影技術とセンスと医師免許を持っているのに、放射線“技師”として働くコミュ障ぎみの主人公・五十嵐唯織(いがらしいおり)を演じるのは窪田正孝。唯織は幼い頃に本田翼演じる甘春杏(あまかすあん)と交わした約束から放射線“技師”となるも、放射線“科医”となった杏(本田)は、唯織が同じ病院で働くようになっても、過去の約束はおろか顔さえ忘れていて──。そんな2人やドラマ全体を視聴者と同じ目線で追うのが、広瀬アリス演じる新人放射線“技師”の広瀬裕乃(ひろせひろの)だ。

「この作品が月9になるという情報が流れてきた時点では、広瀬がドSキャラ放射線科医の杏を演じると聞き、白衣を着たキツイ女医になった広瀬を想像しました。ところが正式発表で広瀬は明るくけなげでまっすぐな体育会系女子の放射線技師の裕乃のほうだと聞き、思わず広瀬と本田の配役をチェンジしてくれと心の中で叫んでしまいました。白衣を着るのは放射線科医の本田だけ。広瀬の放射線技師の衣装はブルーです。しかし、広瀬が演じる裕乃は素顔の広瀬とかなり近いキャラだと本人が公言していますから、どんな表情を見せてくれるか楽しみです」(漫画誌編集)

 広瀬が「月9」に出演するのは2011年1月期放送の「大切なことはすべて君が教えてくれた」以来8年ぶり。その間に、朝ドラ「わろてんか」(NHK)や「釣りバカ日誌」シリーズ(テレビ東京系)などで磨いてきた演技力を存分に発揮してほしいものだ。

アサジョ

「月9」をもっと詳しく

「月9」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ