浅野忠信、アジア・フィルム・アワードで海外にアピール!「みなさんと仕事をしたい」

3月18日(金)16時15分 シネマカフェ

浅野忠信/第10回アジア・フィルム・アワードセレモニー

写真を拡大

マカオのザ・ヴェネチアン・マカオ内「ヴェネチアン・シアター」にて3月17日(現地時間)、第10回アジア・フィルム・アワードのセレモニーが開催。日本からは『岸辺の旅』の浅野忠信が最優秀助演男優賞、樹木希林が特別功労賞の受賞を果たした。

アジア・フィルム・アワードは、アジア映画を対象とした映画賞として2007年よりスタート。2014年より、東京国際映画祭が香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設し、アジアの映画業界と連携し、その年のアジアの映画人を表彰しスポットライトを当てることで、アジア映画ファンの創出や世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っている。

今年日本からは、最優秀作品賞に『恋人たち』、最優秀監督賞に『海街diary』の是枝裕和、最優秀男優賞に『あん』の永瀬正敏、最優秀女優賞に『海街diary』の綾瀬はるか、最優秀助演女優賞には『GONIN サーガ』の土屋アンナ、『ビューティー・インサイド』の上野樹里、優秀新人賞に『ソロモンの偽証』の藤野涼子などがノミネートされていた。

最優秀助演男優賞を受賞した浅野さんは、ジャ・ジャンクー監督のミューズであり『山河ノスタルジア』でも主演を務めるチャオ・タオよりトロフィーを渡され、「この会場にいらっしゃる(アジア各国・地域の)素晴らしい映画人のみなさんと仕事をしたい! その準備はできています! でも撮影現場には日本食を必ず用意してくださいね」と、国際的な仕事への強い意欲を英語でアピールしていた。

黒地に深紅模様の着物姿でステージに登壇した樹木さんは、『歩いても 歩いても』(第3回AFA最優秀監督賞受賞)、『海街diary』、最新作の『海よりもまだ深く』と数々の作品を共にする是枝監督よりトロフィーを渡され、「今夜の授賞式を素晴らしいものにするために、沢山の人たちが駆けずり回り、心を砕いていました。私がいただいた功労賞はそっくりそのままその方たちに差し上げます。ですが、トロフィーは1個しかないので持って帰ります(笑)」と笑顔でスピーチし、会場にいるアジア各国の映画人より大きな拍手が沸き起こった。

ホウ・シャオシェン監督の『黒衣の刺客』が最優秀作品賞含め8部門を受賞したほか、主演男優賞を『インサイダーズ/内部者たち』よりイ・ビョンホンが受賞。10回の節目を迎えるセレモニーにはアジア各国・地域から多くのスターが集まり、盛況のうちに終了した。

<第10回アジア・フィルム・アワード受賞結果一覧>

最優秀作品賞:『黒衣の刺客』
最優秀監督賞:ホウ・シャオシェン『黒衣の刺客』
最優秀男優賞:イ・ビョンホン『インサイダーズ/内部者たち』
最優秀女優賞:スー・チー『黒衣の刺客』
最優秀助演男優賞:浅野忠信『岸辺の旅』
最優秀助演女優賞:チョウ・ユン『黒衣の刺客』
最優秀新人賞:Jessi LI『Port Of Call』(原題)
最優秀脚本賞:ジャ・ジャンクー『山河ノスタルジア』
最優秀編集賞:ウィリアム・チョン、CHU Ka Yat、ホイ・ウォン、フィリップ・ユン『Port Of Call』(原題)
最優秀撮影賞:リー・ピンビン『黒衣の刺客』
最優秀作曲賞:リン・チャン『黒衣の刺客』
最優秀衣装デザイン賞:LEE Ji-yeon、シム・ヒョンソップ
最優秀美術賞:ホァン・ウェンイン『黒衣の刺客』
最優秀視覚効果賞:Prasad SUTAR『Bajirao Mastani』(原題)
最優秀音響賞:チュ・シーイ、ドゥー・ドゥージ、ウー・シューヤオ『黒衣の刺客』
特別功労賞:樹木希林、ユエン・ウーピン
Next Generation Award:ユ・アイン
Highest-Grossing Asian Film 2015:『モンスター・ハント』

シネマカフェ

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

BIGLOBE
トップへ