雰囲気そっくり “きんさん・ぎんさん”親子2代で広告に出演

3月18日(日)5時0分 クランクイン!

雰囲気そっくり“きんさん・ぎんさん”親子2代で広告キャラに

写真を拡大

 「きんは100歳100歳、ぎんも100歳100歳。ダスキン呼ぶなら100番100番」というフレーズを覚えているだろうか。91年から92年に放映されたダスキンTVCMの名フレーズだ。当時、100歳の双子として人気を博した「きんさん・ぎんさん」が出演し、話題を呼んだ。このたび、そのCMを制作したダスキンが、ぎんさんの娘である千多代さん(今年100歳)と、美根代さん(現在94歳)を起用した企業広告を掲載。91年当時のCMと同じ場所、同じスタイルで撮影されている。 ダスキンは、「人生100年時代」と言われる中で、“幅広い年代の多様なライフスタイルのお客様に寄り添った商品やサービスを提供していきたい”という想いを伝えるため、今回の広告制作を決定。その「人生100年時代」を象徴する存在として、91年から92年に同社のTVCMに出演し、反響の高かった“きんさん・ぎんさん”のぎんさんの娘2人を起用した。撮影は著名な写真家である篠山紀信に依頼し、91年当時のTVCMと同じ場所で撮影を行った。
 
 実はきんさん・ぎんさんも撮影したことがあるという篠山。その当時のこともしっかりと覚えていたという2人は「親子2代で有名な方に撮ってもらえるなんて嬉しいわ」と喜んでいたという。
 
 モデルは今年100歳と現在94歳の女性、カメラマンは77歳という、まさに「人生100年時代」を象徴する撮影現場だったとのことだ。

クランクイン!

「広告」をもっと詳しく

「広告」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ