至学館・谷岡学長は「松居一代を彷彿と...」 松本人志の指摘にネットでも「あの動画みたいな語り」

3月18日(日)12時20分 J-CASTニュース

谷岡郁子氏(2012年撮影)

写真を拡大

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、レスリングのパワハラ問題で反論会見を開いた至学館大学の谷岡郁子学長ついて、タレントの松居一代さんを「彷彿とさせる」との印象を語った。

松本さんの発言は、2018年3月18日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で飛び出したもの。インターネット上では、「何となく分かる」「思わず笑った」といった反応が出ている。



「ちょっと作った感じ」



この日の番組では、「至学館大学長が反論会見 伊調パワハラ問題」と題し、レスリングの伊調馨選手へのパワハラ告発問題をめぐる告発状の内容に反論した谷岡学長の15日の会見を特集した。



この会見で谷岡学長は、伊調選手について「そもそも選手なんですか?」「五輪を目指すはずがない」との持論を展開。さらには、パワハラの加害者と指摘されている栄和人監督を「パワーのない人間」と切り捨てる一幕もあった。



こうした谷岡学長の厳しい言い回しについて、コメンテーターとして番組に出演していた落語家の立川志らくさんは、「なんで、こんなにレスリング界を悪くするような感じで言っちゃうのかな」と指摘。続けて、



「この人が出てきたために、レスリング協会はものすごい悪になってるじゃないですか。マイナスになってる」


と話していた。



また、会見の印象を聞かれた松本さんは、「(谷岡学長は)正しいというか『なるほどね』と思うことも所々言っていると思うんですけど」とした上で、「やり方が下手っぴというか、喋り方がダメだなと思いました」と指摘。その上で、



「ちょっと、こうなんやろ、松居一代を彷彿とさせるというか...。ちょっと作った感じで」


との持論を披露。これにMCの東野幸治さんが「ハハハ」と大笑いするなど、スタジオには笑いが広がった。



ネット上でも「激似」書き込みが



松居さんといえば、17年夏に元夫の船越英一郎さんとの離婚騒動をめぐる暴露動画をYouTubeに次々とアップし話題に。また、離婚調停成立を報告した同年12月の会見でも、明るい口調で「やりました!」と連呼するなど、その独特の調子が大きな注目を集めていた。



松本さんと似たような感想を抱いたネットユーザーは少なくなかったようで、ツイッターやネット掲示板には、18日の「ワイドナショー」の放送前から、



「松居一代のあの動画みたいな語りだな」

「至学館の学長の会見、松居一代を思い出すw」

「学長の会見で松居一代を思い出したのは私だけじゃないはず」

「至学館の学長の話し方が松居一代に激似だと思うの俺だけ?」


といった意見が出ていた。



また、今回の松本さんの発言を受けて、「何となく分かる」「俺も思ったわ」と共感を示すネットユーザーも目立っていた。

J-CASTニュース

「至学館」をもっと詳しく

「至学館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ