『テバク』チャン・グンソク、大胆な風雲児としてカムバック

3月18日(金)10時28分 KEJNEWS

【17日=KEJ金善花】3月28日よりスタートのSBSドラマ『テバク』でチャン・グンソクが2年ぶりにお茶の間に帰ってくる。『ファン・ジニ』『快刀ホン・ギルドン』など時代劇で活躍してきた彼が今作ではどのような姿を見せてくれるのか期待が集まっている。

彼は劇中、王の忘れられた息子デギルを演じる。デギルは朝鮮最高の詐欺師になる人物で、明るい姿や勢いのある姿など多様な魅力を持っている人物だ。

チャン・グンソクは台本読みあわせから役に入り込んでおり、周囲を感嘆させた。そして本格的な撮影が始まり、ナム・ゴン監督をはじめ製作スタッフともにキャラクターと演技について話し合い、研究を重ねている姿を見せた。

ドラマ関係者は「チャン・グンソクが本当に情熱的な演技を見せている。集中して入り込んでいる姿を見るとまるっきり変わった感じがする。スタッフもチャン・グンソクの引き込む力がすごいということを、一生懸命な俳優と言うことを再確認している」とした。

ドラマ『テバク』は3月28日にSBSでスタート。(写真=SBS)

KEJNEWS

「チャン・グンソク」のニュース

BIGLOBE
トップへ