読モに食われまくり? NMB48・渡辺美優紀のお泊り愛騒動が意外な疑惑に発展

3月18日(火)19時0分 メンズサイゾー

 先週発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、NMB48の“みるきー”こと渡辺美優紀(20)と現役医大生でモデルの藤田富(21)の“お泊まり愛”が波紋を広げている。騒動後、渡辺は自身のGoogle+を更新しているが、報道については完全スルー。握手会でファンの問いかけに「恋愛はしてない」と答えたというネット書き込みが散見されるが、公式には騒動に言及していない。


 過去にもファンとの密会疑惑があった渡辺は「2枚目のイエローカード」となり、解雇もあり得るといわれていた。だが、その線は薄くなったようだ。今月16日、渡辺が同じNMBの山本彩と共にパナソニックのCMキャラクターを務めることが発表されたのだ。


「本来なら厳重な処分があってしかるべきですが、すでに大手のイメージキャラクターという仕事が決まっていたため、運営側は騒動をスルーしてやり過ごすことにしたようです。タイミング的にスポンサー側としては迷惑な騒動だったでしょうが、渡辺は命拾いしたといえますね」(週刊誌記者)


 一方の藤田は、ブログやTwitterの更新が途絶えている。どちらもコメントを出す可能性が薄くなり、このまま話題はフェイドアウトするかと思われたが、藤田のものとされるTwitterの“裏アカウント”が発掘されて再び騒動に火がついた。


 裏アカウントは承認したフォロワーしか見られない「鍵付き」だったが、何者かがスクリーンショットをネット上に拡散したことで発覚。「ミルキーすごいコロコロしてくるんだけど、俺には歳上の彼女がいるから」などと綴られており、本命の美人バイオリニストがいながら、藤田にゾッコンの渡辺を“セフレ扱い”しているかのような記述が並んでいた。


 裏アカウントに記されていたのは渡辺の名前だけでなく、そこから別のメンバーやグラドルにも飛び火している。

 週刊誌の記事によると、渡辺はLINEで藤田と仲を深めたということだが、裏カウントには「渡辺美優紀と永尾まりやとLINEなう」と書かれていた。永尾はAKBのメンバーであり、渡辺と同じくLINEで藤田とコンタクトを取っていた可能性がある。騒動発覚から数時間後、永尾は同じAKBの阿部マリア(18)と共用で使っていた写真共有サイト「Instagram」のアカウントを削除。永尾と阿倍のどちらか、もしくは両方にとって、ファンやマスコミに見られてはマズい画像があったのではないかと憶測を呼んでいる。


 また、裏アカウントには「今日もさのひなと会うにだ」「さのひなからおっぱいの相談されたんやけどwwwとりあえず俺が揉んでやるよって言ったらしねってきたよね ぐさ」「ふられてなかた、むしろ脈あり決定」とも記されていた。この「さのひな」とは、ブレイク間近といわれるモデルでグラビアアイドルの佐野ひなこ(19)のことではないかと推測されている。かつて佐野は、Twitterで痴漢行為や乱交パーティなどをにおわせるツイートを書き込んで炎上した男性読者モデルTと親密だったといわれるなど、読者モデル系の男性との交際がウワサされていた。昨年末には、その当時に撮影されたという「全裸キス写真」の流出疑惑も発生した。


 また『文春』の報道以前の今年1月に何者かがネット掲示板で、藤田とAKBの宮崎美穂(20)の交際を暴露していたことも注目を集めている。当初は怪文書扱いだったようだが、当時一般的に無名だった藤田を名指ししていたことから考えると、何の根拠もなく書き込んだものではないようにも感じられる。


 AKBと読者モデルといえば、トーク番組で「きゃりーぱみゅぱみゅの元カレ」であることを公表したモデルの鈴木勤が、元AKBメンバーの小野恵令奈(20)と一時交際していたことは有名。鈴木は浮気が原因できゃりーにフラれたと明かしているが、この時の相手が小野だったともいわれている。鈴木はAKBの“まゆゆ”こと渡辺麻友(19)との関係がウワサされたこともあった。


 さらに、昨年2月にAKBの近野莉菜(20)と佐藤亜美菜(23/現在は脱退)の合コンが報じられたが、その相手である俳優の志尊淳は元読者モデル、もう一人の俳優・廣瀬大介も多くの読者モデルと仲のいい人物だった。


 ここまで続くと「AKBメンバーが読者モデルに食われまくっているのでは」と邪推したくもなるが…。


「モデル経験のあるメンバーや仲のいい雑誌編集者などが橋渡し役になり、AKBと読者モデルが夜の街で遊ぶことは頻繁にある。本来なら事務所が止めるべきですが、読者モデルは半素人のため歯止めがきかず、次から次に毒牙にかけられている状況です。派手に遊んでいる読者モデルたちはヤリチンが多く、素人感覚で『アイドルを落とす』ということに魅力を感じており、マジメに交際するパターンは少ない。一方のAKBメンバーたちも、ジャニーズタレントやイケメン俳優、人気芸人が相手だと問題が多いため、読者モデルと遊ぶようになっている。人気上位のメンバーは事務所の管理が厳しいため相応の相手でなければ許してもらえないが、下位メンバーは放任されている。まだ若い彼女たちはイケメン好きなこともあって、誘われれば嫌な顔はしないようです」(芸能関係者)


 藤田のものとされる裏アカウントで、彼はAKBメンバーとの交際を自慢するツイートを連発していたが、いくら鍵付きとはいえプロの芸能人ならそんなバカげたことはしないだろう。素人感覚ならではの読者モデルたちの暴走は、しばらく続きそうな気配だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「NMB48」をもっと詳しく

「NMB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ