脊山麻理子、日テレ時代の恋愛を告白も「話題作りに必死」の声

3月18日(水)18時0分 メンズサイゾー

 フリーアナウンサーの脊山麻理子(34)が17日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。日本テレビ時代の恋愛を告白して話題となっている。


 この日の番組は「今、女性タレントが大渋滞! 緊急バラエティ実態調査SP」と題した企画を放送。脊山のほか、バラエティ界でのさらなる活躍を目指す保田圭(34)、手島優(32)、misono(30)、鈴木奈々(26)、ダレノガレ明美(24)ら30名の女性タレントが勢ぞろい。知名度ランキングを発表して、隠し撮りによる女性タレントたちの素顔が明かされた。


 そんな内容の番組で、脊山は登場からほとんど活躍することができず、積極的に前に出ようとする女性タレントたちの後ろで笑顔を浮かべるばかり。番組調べによる出演タレントを対象にした知名度アンケートが発表されても、26位といういかにも中途半端な結果で、ほとんどリアクションすることはなかった。ちなみに残念ながら最下位に選ばれてしまったのは、かつて『ひるおび!』(TBS系)のお天気お姉さんを務めていた森田みいこ(28)で1位はアイドルとしての実績がある保田だった。


 その後、一度オファーを受けたものの後日キャスティングから外されてしまう「仮バラシ」となった女性タレントの反応を調査。収録直前になって出演が取りやめになることはバラエティ界でよくあるが、競合相手の多い女性タレントにとってバラシ扱いを受けることはそれだけ優先順位が低い証といえる。番組ではそんなバラシの報告を受けた女性タレントの表情を隠し撮り。トップバッターとなった手島はマネジャーから収録がなくなったと聞くと、「先月、全部バラシだったんじゃない?」と愚痴をこぼしながら「食欲なくなった...」と落ち込んだ様子を見せた。


 手島と対照的に大人の対応を見せたのは保田。仕事がキャンセルになったとの報告に「わかりました。次回、お願いします!」と前向きな返事をして、「それが結果で、すべてです」と気持ちいい言葉を残した。そんな彼女には共演者たちも「大人だね〜」と声を上げて絶賛する。


 出演した女性タレントたちがVTRやスタジオトークで個性を示す中、なかなか目立った活躍ができなかった脊山。それぞれが自分のキャラとかぶっていると思うタレントを挙げるコーナーでも脊山のシーンは見られず。そんな状況に脊山本人も不安を感じたのか、番組の最後で「日テレ時代にADさんと付き合ってた」と唐突に発言。いきなりの告白にMCの田村淳(41)なども驚いた様子を見せるのだった。


「脊山さんは昨年1月に発売された『週刊プレイボーイ』(集英社)で披露した水着グラビアが注目を集めて一気にブレイクしました。バラエティ番組への露出も増やして写真集も発売しましたね。しかし、ここのところ勢いがなくなっていることは本人も自覚しているはずです。昨年の夏には月に10本以上のテレビにゲスト出演していましたが、今年に入ってからは月に数える程度となっています。


 以前『ロンハー』に出演した際、暴露SPにもかかわらず何も発言しなかったことが影響しているのかもしれません。コメントのできなかった脊山さんはレギュラーメンバーの有吉弘行さん(40)から『こんなクソ! ダメだよ』と切り捨てられ、ネット上でも大きな話題となりました。その結果、脊山さんにはアドリブが苦手というイメージがついてしまった気がします。大勢のタレントが出演するバラエティで積極性は必要不可欠。今回の番組で突然の告白をしたのは、過去の反省からかもしれませんね」(芸能ライター)


 メーン企画の中では結果を残せなかった脊山だったが、ようやく最後になって爪痕を残すことに成功した。しかし、番組がまとめに入ったところで爆弾を投下した脊山には、田村も「なんでそれを生放送(前述の暴露SP)で言わないんだよ」とツッコんだだけ。脊山の暴露ネタは大きく広がることなく終了してしまった。番組のテーマであった女性タレントたちの競合ということを考えれば、存在感をアピールするためにももっと早い段階で発言していればよかったのかもしれない。最後の最後に発した言葉は視聴者にもとってつけたような印象を与えたようで、「別に興味ない」「話題作りに必死だな」といった声が寄せられている。多くの女性タレントがわずかな椅子をめぐってしのぎをけずる今のバラエティで、さらに活躍するにはまだまだ学ぶことがありそうだ。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

「日テレ」をもっと詳しく

「日テレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ