おのののか、ムチムチ化で話題に! ゆるふわ絶品ボディに「おいしそう」の声

3月18日(土)17時0分 メンズサイゾー

 タレント・おのののか(25)の「ムチムチ化」が話題になっている。


 おのは発売中の「FRIDAY」(講談社)のカバーガールを担当。トレードマークのお団子ヘアを封印し、ボブカットでランジェリー風の水着を着て真っ白な美肌を見せつけた。「愛しのマシュマロ・ボディ」とのキャッチコピーがつけられた誌面でも、髪をなびかせながら色っぽい姿を披露している。


 目を引くのは、むっちりと柔らかそうなボディライン。ビキニやランジェリーを身に着けたおののカラダは全体的に丸みを帯びており、まさに「マシュマロ」といった感じだ。スリーサイズは上からB84・W59・H85(cm)でEカップバストの彼女は、細巨乳系のグラドルとして人気があったが、ふわふわ感が増したようだ。


 このちょっとした変化をグラビアファンは大歓迎しており、ネット上には、「おのののかのボディがエロすぎる」「絶妙なぽっちゃり感」「これぞ癒し系!」「おいしそう」といった絶賛コメントが寄せられている。もともと丸顔と癒し系の魅力でファンを虜にしていたが、そのチャームポイントにさらに磨きがかかったといえそうだ。


 また、お団子ヘアからボブカットへのイメチェンも、「色っぽさが増した」と好評。最近のおのはウェブCMでもお団子頭を封印しており、新スタイルを定着させたいと考えているのかもしれない。


 おのといえば、2012年に芸能界入りし、タレント活動の傍ら東京ドームでビールを売るバイトをしていたことで「可愛すぎるビール売り子」としてブレイク。お団子ヘアの愛らしい顔立ちとギャップを感じさせる抜群のプロポーションを武器にグラビアでも活躍し、2015年発売のファースト写真集『ぜんぶうそみたい。』(東京ニュース通信社)もヒットした。


 人気グラドルに成長した彼女は、バラエティ番組にも引っ張りだこに。さらに、昨年のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演するなど、女優業にも積極的に取り組んでいる。17日放送のスペシャルドラマ『北風と太陽の法廷』(日本テレビ系)では女医役に初挑戦し、普段のイメージとは異なる凛々しい姿を見せた。


 このところグラビア活動は控えめだったおの。それは芸能活動が順調な証ともいえるが、今回の「FRIDAY」に対するファンの反応を見るに、グラビア人気はまだまだ高まりそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おのののかをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ