まるでモーセの十戒…美輪明宏の日常に起こるミラクルが神すぎる!

3月18日(火)18時40分 messy

「美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~」キングレコード

写真を拡大

 いよいよ今月末に放送が終了してしまう、朝の生活情報番組『はなまるマーケット』(TBS系)。番組の最終放送日が近付くにつれて、過去に放送された懐かしの映像がいろいろと飛び出したり、総まとめのような企画が目白押しになって来ている。そんな中で、3月14日に放送された同番組のトークコーナー「はなまるカフェ」に美輪明宏がゲストに訪れていた。

 真っ黄色のドレスを纏って現れた美輪様は、お馴染みの真っ黄色に染められた御髪と相まって、全身がまるで蛍光ペンにでもなったかのように目映い光を放っていた。「鮮やかなイエローですね!」と、MCの薬丸裕英(ヤックン)もその強烈な装いに触れられずにはいられなかったのである。そうやって、真っ黄色に関しての話題が出ると大体、「そうなんですよ〜、前世がピカチュウだったもんで♪」と、ジョークを嗜むパターンがお好きな美輪様。そんな茶目っ気のある「前世はピカチュウ」発言でスタジオが笑いに包まれれば、美輪様的に最初の掴みはオッケーなのである。

 「はなまるカフェ」には何度かゲスト出演したことがある美輪様だが、2年前に放送された同番組の15周年記念特番では、ヤックンと岡江久美子のMCコンビが超豪華な美輪邸に訪れたこともあった。その時のVTR映像が流され、お庭に鎮座するたくさんレモンがなっている木が映し出されたのだが、これが一年中枯れない「伝説のレモンの木」だったという話題で、当時同様に今回も盛り上がっていた。

 美輪さんいわく、その木には今でも変わらずレモンが盛り沢山に実を付けるそうだ。今年は120個ものレモンがなったらしく「みなさんにお裾分けで持ってくれば良かった」とその豊作ぶりをアピールした美輪様。真冬のこの時期でもレモンが大量になっているなんて、さすが“美輪パワー”を毎日間近でバンバン浴びている樹木は普通じゃない……。

 そんな驚きのパワーを見せつけた美輪様が、“今朝のおめざ”にはどんな素敵な商品を紹介してくれるのかと期待していたら、画面に出て来たのは大手コンビニの「セブン-イレブン」から発売されている「杵つき仕立てあんころ餅」(4個入りで150円!)というだいぶお手頃な商品であった。あらら? まさかのコンビニお団子? 先ほどの過去映像で流された超豪邸映像の余韻が残っていたので、あまりの落差にズッコケてしまった次第である。

 なんでも、美輪様は最初にこの商品を紹介された時に「とっても名のあるところのお菓子を教えていただいたと思ったら、家の近所の“コンビニエンス”で買ったんですって!」と、大変驚かされたことを明かしていた。美輪様が「コンビニ」のことを「コンビニエンス」という「ストア」だけ省略した微妙な長さで呼んでいたのがなんだか新鮮だった。

「コンビニエンス業界って凄いのね〜、しのぎを削ってるからねぇ、ちょっと不味かったり売れ行きが落ちると、すぐ取引き停止になるんですってね〜」

 と、コンビニ業界の内情までをも知り尽くしている美輪様。コンビニスイーツだけではなく、小分けにされた1人分のお惣菜の便利さや味の良さにも言及して、やたらコンビニ商品を持ち上げていたので、「セブン-イレブンなどのコンビニCMでも狙っているのでは?」と勘繰ってしまった。

 実際に日常生活で美輪様はコンビニを利用しているらしく、真っ黄色の御髪を隠すために帽子を深めに被ったり、サングラスをかけたりして一通りの変装はしているそうだ。しかし、自分では見つからないと思って完璧に変装するも、やはり隠しきれないオーラが放たれてしまうようで、どうしてもバレてしまうとのこと。でしょうね〜! ビカビカの美輪オーラは、どうしたってダダ漏れしちゃうのであろう。

魔法使いの弟子?

 自身が撮って来た写真を紹介する「はなまるアルバム」に話題が移ると、「魔法使いの弟子」というキャプションを付けた、アーティストのきゃりーぱみゅぱみゅとのツーショット写真を披露。一昨年の大晦日に『紅白歌合戦』(NHK)で共演した際に、舞台裏で撮った写真とのこと。当時、きゃりーのTwitter上でもその時のツーショット写真がUPされていて、彼女は「美輪明宏さんと私。神様でした」と呟いていた。やはり、あれだけ派手で奇抜なファッションをしているきゃりーでさえも、美輪様の神様的オーラは強烈だったのだろう。

 「ファッションにはカラフルな明るい色を取り入れること」という考えを、ずっと提唱している美輪様。それを、きゃりーがカラフルだらけの奇抜な衣装で全面的に体現しているので、彼女のことを高く評価しているそうだ。きっと2人の世界観は素晴らしく共鳴し合うのかもしれない。

美輪様の強烈なパワー

 そんな美輪様は昨年の1年間に身の周りで不思議なことがいろいろあったそうだ。自分の半生が演出家の野田秀樹によって舞台化されたり(宮沢りえと古田新太が美輪様の役を演じた)、フランス人監督による自分のドキュメンタリー映画が公開されたりと、気が付けば“美輪YEAR”になっていたのだとか。「私、死んだわけでもないのに……」と、美輪様は自分を取り巻くその異様な盛り上がりぶりに対して、不思議で仕方がなかったようだ。

 しかも、その不思議な現象は美輪様の実生活でも起こっていたそうだ。美輪様が出向いた先では嵐や吹雪が止んで、どこもかしこもお天気に恵まれるということが日常茶飯事なのだが、その時も不思議な体験をしたそうだ。

 なんでも、講演会をするために八戸市から青森市へ車で移動することになったのだが、あいにくの大嵐に見舞われたそうだ。それでも講演会の会場になんとか向かおうと車を走らせていたら、急にスーっと雨が止み出したのだとか。空を見上げると先ほどまで重たくのし掛かるように広がっていた黒い雨雲が、美輪カーが進むと同時にブワーっと両サイドにドンドンどいて行ったと言うのである! え〜!? スゴ過ぎる〜! 正に、“モーセの十戒”状態なのであった!「私の鼻息かしら? と思ったりして」と、軽くボケをかましながらミラクル話を続ける美輪様。

 その“モーセの十戒”状態の道を進んで行ったら、ちょうど夕方だったらしく、目の前には夕陽がバーっと降り注いでいたそうだ。そして、美輪カーが目的地の会場に着いた頃には、すっかりお天気になっていたのだとか。こんなに凄い気象現象なのだが、美輪様にとってみれば良く起こることなのだそうだ。しょっちゅう不思議なことばかりが起こると、それが日常的なことだと感じちゃうんだなぁ。

 また、大雪で高速道路が通行止めになった時も、美輪様がコンサートへ向かうために利用する道路だけは封鎖されず貸切状態でスイスイ進めたそうだし、欠航が続いていた飛行機だって、美輪様が乗る便になったら飛ぶことができたりと、あらゆる交通手段において美輪様の不思議なパワーが発揮されているようだ。どんだけスゴいのよ……。このまま、美輪様のミラクル過ぎる力がどんどんパワーアップして行ったら、台風や大雪をもたらすような爆弾低気圧さえも全て蹴散らして、日本中を丸ごと“モーセの十戒”状態にして守ってくれる日が来るかもしれない!?

■テレ川ビノ子/テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

messy

「美輪明宏」のニュース

BIGLOBE
トップへ