低酸素室に食前プロテイン! 岡田准一の休日に見えた“狂気の筋肉愛”

3月18日(金)23時30分 messy

 現在公開中の主演映画『エヴェレスト 神々の山嶺』(東宝、アスミック・エース)の宣伝行脚でいろいろなテレビ番組に登場し、もはやお馴染みとなっている“ヤバめなストイックさ”を存分に披露しまくっているV6の岡田准一。3月5日に放送された『サタデープラス』(TBS系)では、そんな彼のストイックぶりに迫るべく、事務所の後輩でもある番組MCの丸山隆平(関ジャニ∞)が密着取材を敢行し、なかなかアツいVTRをお届けしていた。

“山男”と化した岡田准一

 丸山くんは事務所の先輩と二人でロケに行くのが初めてということで、岡田先輩とのロケスタート時にとても緊張していた模様。それを素早く察知して「オレの事どう思ってるの?」とイタズラっぽく探りを入れる先輩。「何か困った時に助けてくれそうな人って感じですかねぇ」という褒めコメントで返した後輩に「いいこと言うやん♪」と満面の笑みで喜びを噛みしめる岡田先輩であった。単純で素直なとこがいいや〜ん♪

 今回は岡田先輩の休日に密着するということで、プライベートの過ごし方について聞いてみたところ「体を動かす」「山登り」というキーワードを出しながら、「自然で遊べるオトコって、良くない?」とさらりと決めゼリフをかました。

 何でも、体を鍛えることが高じて数年前から山登りを始めたそうで、今では総勢30人にもなる山岳部部長を務めていて(すごっ!!)、時間があれば国内外の山を登りまくっているとのこと。丸山くんも山登りに興味が出て来たということで、今回のロケでは仕事でもプライベートでも山にのめり込んでいる“山男”の岡田先輩が、山登りのトレーニング法やその極意を伝授してくれることになったのである。

本気の山登りグッズ選び

 まずは山登りグッズ選びからということで、渋谷にあるアウトドア専門店の「モンベル」へ。最初にチョイスするアイテムは、山登りにおいて一番大事な登山靴。

「しっかり選んでいかないと、爪剥がれるから! なめるなよ、山を!」

 と丸山くんに喝を入れる岡田師匠。もう初っ端からスパルタ感がジワジワっす。靴選びの極意は「頑丈かつ軽量なものを選ぶべし!」とのことで、商品の説明書きプレートに記載されている重量に注目する岡田師匠。

 720gと669gという二足の靴の重量の違いを指摘した岡田師匠に対して、丸山くんが「そんなあんま変わらないですよねぇ」と軽く返したのがマズかった。この50gの差は山男にとっては大変なものになってくるらしい。

山登りにカステラは命取り!?

 かつて岡田師匠がカステラを持って山登りをした時に、意外と重くて苦労したそうだ。カステラ1号分の重さが約580gとするとペットボトル1本分になるから確かにまあまあの重量がある。「すっげー後悔したから」「このカステラのせいで膝が痛くなることがある」と岡田師匠はカステラの重さを甘くみていたことを反省したようだ。

 ひとつひとつのアイテムを少しでも軽量化させたほうがいいわけなんだな〜。それにしてもなんでわざわざ山登りにカステラ一本丸ごと持って行ったんだか? 必要以上に喉がめちゃめちゃ渇くや〜ん。

 同店ではその後もなるべく軽量なアイテムをチョイスし、フル装備で総額9万円の登山グッズを揃えた。結構お金かかるんですねぇ。

キリマンジャロでもへっちゃら?

 モンベルの次に、“低酸素室”を体験できるという施設「ミウラ・ドルフィンズ」を訪れ、高山病などにならないための訓練に丸山くんが初挑戦してみた。標高5895mというキリマンジャロの山頂の環境を疑似体験したところ、初心者の丸山くんの唇と爪はみるみる紫色に変化。たった5分ですでにかなりヤバい〜!

 さらにはボーッとしだして、体内の酸素量も減少してしまった。一方、訓練を積んでいる岡田師匠は先ほどと何も変わらず、山男としての威厳を保っていたのであった。さすがっすね〜♪

 そして、丸山くんの案内で最後に向かったのが、港区にある「筋肉食堂」。なんとも岡田師匠が好きそうな響きの飲食店だな〜。案の定「マッスル業界ではウワサになっている」ということで岡田師匠もずっと気になっていたお店らしく、今回ロケで来られて嬉しそうな様子だった。

楽しすぎる筋肉食堂

 「筋肉食堂」というだけに、まず出てきたのは食前酒ではなく「食前プロテイン」(むむむ!!)。元ジムのインストラクターが作ったレストランということで「体づくりは食事から」をモットーに「高タンパク・低脂肪・低糖質・低カロリー」にこだわったメニューとなっているそうだ。味にも定評があるとのことで、女性にも大人気のお店らしい。

 お店に相応しいようなマッスル系の店員さんを採用しているのか、今回二人のテーブルを担当していた店員さんもだいぶイイ体つきをしていた。堪らずその彼の胸元を触って「キレてるなぁ!」とマッスル加減を確認する岡田師匠。もう〜、ちょっとした筋肉ハラスメントですや〜ん!

 さらには立ち上がってハグする勢いで組手を交わし、より確かに店員さんの筋肉量を把握しようとする岡田師匠。見かねた丸山くんは、

「何をやってるんすか? 朝から男同士の抱き合いを(放送するなんて)……」

 と、朝の情報番組の放送コードを気にするのであった。しかし、そんなことはお構いなしで「あぁ、イイっすね〜♪ これぐらいの組み合いが」と、マッスル店員さんの素敵な身体にご満悦になる岡田師匠。いくら筋肉バカだからって、触りすぎですってば……。

もう筋肉が止まらない

 その後、メインディッシュの肉料理を美味しそうにガツガツ頬張りエネルギーをたんまりと補給した岡田師匠は、目をギラギラさせながら、

「チカラが溜まって来た〜!」
「トレーニングはどこだ〜!!」

 と力強く雄叫びを上げるのであった。ヤバいよヤバいよ〜! そしてその衝動を抑えきれなかったのか、食事中なのに立ち上がると「骨盤を動かして体を柔らかくする体操」を伝授したり、丸山くんを組手に誘ったりしていた。そして、お店の長椅子の上に乗って「体幹トレーニング」のお手本を見せたりなどやりたい放題で、もうマッスル岡田が止まらない〜!!

 同番組は健康情報を伝える番組なので、丸山くんは思わず「今度この番組に出ていただけるのであれば、“ドクタープラス(専門のドクターが出演する、より健康に特化したコーナー)”のドクターとしてぜひ出ていただきたい!」と懇願しちゃうのであった。

 丸山くんいわく、岡田師匠は「無意識ストイックな男の人」とのこと。はたから見たらかなりストイックなトレーニングを、さも普通のことのようにこなしてみせる岡田師匠からこれからも目が離せない。今日も見知らぬ誰かと組手を交わしては、「トレーニングはどこだ〜!!」なんて雄叫びを上げているのかもしれない……。

(テレ川ビノ子)



 

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

岡田准一をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ