『深夜!天才バカボン』スペシャルイベントが開催、外国人パパも登場

3月18日(月)13時39分 マイナビニュース

TVアニメ『深夜!天才バカボン』のスペシャルイベントが3月10日、埼玉・大宮ソニックシティにて開催された。出演者はバカボン役の入野自由、ママ役の日髙のり子、ハジメ役の野中藍、本官役の森川智之、レレレのおじさん役の石田彰、ウナギイヌ役の櫻井孝宏。

本イベントは監督・脚本を務める細川徹が全編の構成を務めるという本作初のイベント。オープニングでは、キャラクターの面々が本イベントに集まる様子が描かれたミニドラマからスタートする。「イベントがDVDにならないなら芸能界のタブーの話がしたい」といきなり「ぶっこむ」バカボンを筆頭に、「掃除の話がしたいれす」というレレレのおじさん、「ネットで話題のニュースが聞きたいやつは手を挙げろ」と本官。そして、パパ役の古田新太がイベントに出演できなかったため、パパ役として派遣された外国人パパ(イグナシオ・ガッティ/アルゼンチン出身)が途中で現れ、場内が騒然となるなど、スタートから『深夜!天才バカボン』のノリが全開だ。

イベント本編はTVアニメの各話ダイジェストを観ながらのトークコーナー。やはりトークのメインは話題となった「うんこ男子」に。リーダー的な「ふつのうんこ」を演じた櫻井は役作りに対して、「何も考えずにフィーリング」で演じたとのこと。また、日高から「どんなうんこがいいの?」と尋ねられた石田は「鹿かうさぎのコロコロとしたやつ」と答え、場内は大爆笑に。さらに「人気声優になりたいのだ」では、ゲップがなかなか出ない古田の代役を入野が務めたことが明かされ、会場で生披露するシーンも。

また、今回のイベントに備えて本編を見返したという森川は「ウナギイヌの法事で登場したウナパカがおかしすぎて、夜中にずと笑ってて眠れなかった」とコメント。それに対してウナギイヌ役の櫻井は「いろいろなバリエーションのウナギイヌを演じることができて楽しかった」と思い返していた。そして、野中は第1話に登場したブラックジャック役の大塚明夫に対し「思わず台本にサインをもらってしまいました」と語っていた。

そして、大宮ソニックシティに爆弾が仕掛けられたという設定の朗読劇では、「うんこ男子」が登場するなど大盛り上がり。イベント最後の挨拶では入野が「僕がバカボンを演じられるなんて奇跡だと感じています。たくさんの人に見てもらいたいです。古田さんも『またやりたい』とおっしゃっていましたし、言い続ければいつか叶うかも知れないので、みなさんも応援をよろしくお願いいたします」と今後の展開について語り、本スペシャルイベントは幕をろした。

(C)赤塚不二夫/深夜!天才バカボン製作委員会

マイナビニュース

「深夜!天才バカボン」をもっと詳しく

「深夜!天才バカボン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ