グラドルがアイドル業界の“ウラ事情”告白

3月18日(土)22時4分 ナリナリドットコム

グラビアアイドルの椎名香奈江(26歳)が、3月17日に放送されたバラエティ番組「#SHIBUYAbema」(AbemaTV)に出演。アイドル業界の“ウラ事情”について語った。

かつて女性アイドルグループ・asfiのメンバーとして活動していたこともある椎名。この日は、アイドル時代の経験や周囲から聞いたアイドルたちの実体験をもとに、「アイドルとファンのウラ事情」として、握手会でファンに怒られた経験やお触りファンの実態を話し、ファンとの距離感のとり方の難しさを説いた。

そして、椎名がアイドル時代最も低かった月収を告白。「最低月収は1日ライブに20、30本行って、3,000円。交通費貧乏になっていた。アイドルをやりたくても、交通費がなくてアイドル活動が出来なくなる」と厳しい現実を明かし、交通費を稼ぐために椎名が収入源にしていたという、“チェキ”の存在を説明した。

これはファンと一緒にチェキを使用した撮影を行い、1枚500円〜2,000円で販売するもの。「1か月に200、300枚を撮ることで、1か月2万〜数万円になる。自分に入ってくるお金は、(全体金額の)1割ほど」と、苦しいアイドル時代の思い出を語った。

その後、アイドルではなく、モデルとして活躍する鈴木あやの“過去最高月収”を発表することになり、鈴木はためらいながらも「過去最高金額は…450万円!」と告白。予想を超えた大きな数字は、スタジオや視聴者一同を驚かせていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アイドルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ