元乃木坂46・橋本奈々未、卒業から1年経っても抜群の人気! 46時間TVへの出演を期待する声も

3月18日(日)9時0分 おたぽる

「サヨナラの意味」(N46Div.)

写真を拡大

 4日深夜に放送された乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で「ファンが選ぶ乃木坂46ベストソング」が発表され、16thシングルの表題曲「サヨナラの意味」(N46Div.)が1位を獲得。昨年2月に卒業した“ななみん”こと橋本奈々未がセンターを務めたラストソングが選ばれたことで、楽曲の良さはもちろんのこと、卒業から1年経っても橋本人気がいまだ絶大であることを証明するカタチとなった。

 同ランキングは、2018年3月現在までに発表されている全156曲を対象に、約10万人のファン投票によって決定されたもの。

「乃木坂46がデビューした当初から、白石麻衣松村沙友理とともに“御三家”と呼ばれるなど、トップクラスの人気を誇り活躍した橋本。卒業と同時にすっぱり芸能界からも引退してしまったため、ファンの間では神格化されているようです。

そんな橋本が最初で最後となるセンターを務めた同曲は、出荷枚数が初めて100万枚を突破と、グループにとっても記念すべき作品でしたから、ファンの声を拾ってみても『納得の1位』『収まりがいいね』といった好意的なものが多く、文句なしの首位獲得となったようです」(芸能関係者)

 同企画ではランキング入りした楽曲を何曲かスタジオで生披露。「サヨナラの意味」も披露されたが、そこには当然、橋本の姿はない。改めて寂しさを募らせるファンが続出し、ネット上では復帰を願う声が再燃。

「昨年2月20日にリリースしたソロ写真集『2017』(小学館)が今も売れ続けるなど、人気は本当に衰えを見せず、旧来のファンからの復帰待望論も止みそうにありません。今月28日には、卒業コンサートとなった『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』の映像作品が発売されますが、その直前の23日から25日まで乃木坂46メンバーは46時間ネット生配信を実施。これは、グループ結成6周年を祝うメモリアル番組ということで、『DVDの番宣とお祭り的なノリで、限定復帰してくれないかな?』『万に一つの可能性を信じて見守る』などと、微かな希望を抱く橋本ファンは少なくないようです」(同)

 アイドル業だけでなく、女性「CanCam」(小学館)の専属モデルや女優など、マルチな活躍を見せた橋本。復帰とまではいわないにしても、少しでも姿を見せてくれる日がくることを願いたいものだ。

おたぽる

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ