“結婚不適合者”中居正広がもらしていた「子供」の話

3月18日(土)7時0分 NEWSポストセブン

「結婚」への期待が高まる?

写真を拡大

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、中居正広がもらしていた「結婚」と「子供」の話を明かす。


 * * *

 NEWSポストセブン、『女性セブン』本誌のスクープにより、SMAPのリーダー、中居正広に、6年越しの恋人が居ることが明らかになった。


 15日の朝刊スポーツ紙各紙は一斉に“彼女”のプロフィールを掲載。それを受けて、各局の生ワイドも新聞記事を紹介した。


 後輩たちの熱愛報道では、スポーツ紙は“スルー”することもしばしばあるし、事務所からコメントさえ出ないこともある。


 が、“なぞり”だけとはいえ、スポーツ紙がここまでデカデカと報道し、テレビに対しても制約がなかったということは、「事務所も否定していない」と考えていいのだろう。


 果たして、翌16日付では、さらに詳細な“彼女”のプロフィールや写真が大きく掲載された。


 まず、驚いたのは、「ちょっと残念なタイプ(なルックスの女性)が好み」と公言していた中居に選ばれた女性が全くと言っていいほど残念なタイプではなかったことだ。


 ロングヘアと大きな瞳が特徴のスレンダー美人。ダンサーだけあってスタイルも抜群だ。


 しかも、中居の立場を熟知していて、彼女の言動に、いわゆる“におわせ”るようなものは皆無。トップクラスのダンサーとして、振付師として、日本を代表する著名なアーティストらと仕事をしている“責任”と“自覚”からなのだろう。


 そういえば、同じく『女性セブン』が2度報じている草なぎ剛の“彼女”も、飲食店に時間差で出入りしたり、路上でも数十メートル後方を歩いたりと“徹底”していた。改めて、“アイドルSMAP”の「違い」を見せつけられた気がする。


 中居にとって、交際報道は、あの“歌姫”以来…と書く媒体が多数あったが、その途中、某在京キー局の女性アナウンサーの名前が取り沙汰されたこともあった。



 しかし、6年もの間、“本命”がいたということなのか。マスコミもファンの皆さんも、決して急いではいないが、中居本人からのコメントが待たれるところではある。


 15日、私が出演していた水曜『バイキング』(フジテレビ系)では、「同じ“結婚不適合者”だと思っていたのに…」とMCの坂上忍がまず驚いた。中居と親交もある坂上は、「全く知りませんでした。そんな匂い、僕は微塵も感じたことはない」と。


 その後、レギュラーのおぎやはぎ小木博明が、こんなエピソードを明かした。「1年ぐらい前から、裏で俺に結婚の良さを聞いて来た。『結婚っていいの?』『子供って、かわいいの?』って。さんざん俺からすごい子供の良さを引き出しておいて、『信じられねえな、それ』って」というものだ。


 実は私も、中居から突然、結婚観を打ち明けられたことがある。あれはもう3年半前のこと。中居が主演したドラマ『ATARU』(TBS系)が映画化され、そのキャンペーンで名古屋を訪れ、『ドデスカ!』(メ〜テレ)で単独インタビューをさせてもらったときだ。


 作品の話や、名古屋の想い出、「好きなおにぎりの具は何か」を、名古屋名物“天むす”を含んだ10種ほどのおにぎりの中から選んでもらったり、既に進んでいた中居プロデュースの舞祭組の話など、こちらが用意した質問にすべて快く答えてくれた中居。


 そのとき、共にインタビューしていたメ〜テレの竹田基起アナウンサーが、前日に東京開催が決定した2020年のオリンピックについて中居に振ったときのことである。


 竹田アナとしては、五輪キャスターとして現地にも度々行っていたり、アスリートとの交流も多い中居に、キャスターとして、どう関わりたいかを聴きたかったのだと思われる。


 だが中居は、「(2020年までに)子供を作って、子供に見せたいなって(思う)」と、自分から切り出したのである。



 中居の突然の発言に驚かされたのは、私はこれで2回目だ。その少し前、『女性セブン』でインタビューした際、中居は唐突に、「昨日、森くんの夢を見たんです」と、SMAPを脱退した森且行について話し始めたのである。しかも、「森くんが戻って来るって言うんで、どうしようと(みんなで)話し始めて…」と続け、傍らに居た現場マネジャーの男性に「俺、言ったよね? 森くんの夢、見たこと」と確認。当時はまだ、森の名前をオンエアすることも書くこともできないような時期だったため、「書いてもいいですか?」と確認したところ、驚くことに「OK」が出た。


 そして、メ〜テレでのインタビューの際の「子供を作って…」という部分も、事務所からの「NG」はなく、オンエアさせてもらった。思えば、この頃からSMAPや中居には、NGなどというものはもうなかったのかもしれない。それだけの揺るがないポジションと、タレントとしての実績が既にあったからだ。


 インタビューにはまだ続きがあった。竹田アナは、「結婚願望はなかったんじゃないですか?」と、そして私は、「子供を作るには結婚しないといけませんよね?」とツッコんだ。


 すると中居は、「その質問、待ってました」とばかりに不敵な(!)笑みを浮かべ、「同じ女性と3日も居ると飽きてしまう」「(自分が何か行動したいときに)『どこ行くの?』とか『誰と?』とか言われちゃうと、もうダメですね」などと、“結婚不適合者”ならではのトークを展開。その下りも使わせていただいたが、結局、「東京五輪を自分の子供に見せたい」という中居の夢は「無理」というオチでオンエアは終了した。


 が、「間に合うかもしれない」という展開になってきたではないか。2年間の過酷な闘病の末、亡くなった実父を懸命に見舞ったり、自身も入院をしたり、SMAPにまつわる報道が毎日のようにスポーツ紙やワイドショーのトップを飾ったりした、この4年ほど。中居正広の心身に、さまざまな変化が起きていたことは間違いない。


 その傍らで支えてくれていた女性の存在があったとしたのなら、それは本当に素晴らしいことだし、ファンの多くも「幸せになってほしい」と思っているに違いない。


“結婚不適合者”中居正広の結婚…。願いを込めて、私は「ある」と思っている。

NEWSポストセブン

「中居正広」をもっと詳しく

「中居正広」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ