百田夏菜子、学生時代に「勉強ばかりしていた」に皆がツッコミ! ももクロはどんな女子学生だった?

3月18日(水)21時25分 Techinsight

イオンモールのイベントに登場したももいろクローバーZ

写真を拡大


18日、千葉県イオンモール幕張新都心にてイベント『行くぜっ!春のイオンモール DO MALL!SPRINGだZ』が開催され、キャンペーンキャラクターに就任したももいろクローバーZの5人が登場した。メンバーそれぞれが高校時代の思い出を語り、会場に集まったモノノフたちとイベントを盛り上げた。

同イベントは、学生に向けてのキャンペーンということで、観客には学生を中心に招待されたモノノフたちが集結。開演前から男子学生を中心に「しおりーん!」「ももかー!」などの大きな声援が飛び交う中、ももクロ5人が公開中の主演映画『幕が上がる』の制服姿で登場した。


この春に高校を卒業したばかりの佐々木彩夏は、「3年間すごく充実した高校生活を送れた。勉強も一生懸命して楽しかった」と感無量の様子。同じく高校生活では「勉強を一生懸命した」という有安杏果は、文房具にハマり新しい文房具をよく買っていたこと明かした。そこで、百田夏菜子が「私も勉強ばかりしていました」と笑顔で語ると、会場のモノノフとメンバーたちから「ええーっ!」のツッコミが。その後、学校帰りには「みんなでイオンにチャリで行って、ご飯の前にフードコートでちょっとつまんで」と食欲旺盛な本当の(?)学生時代を明かし、玉井詩織も「高校時代はよく寄り道をしました。夕飯の前に夕方のご飯を食べて。学生時代は4食になりませんか?」と会場に同意を求めた。そして高城れには、「先生がももクロを応援してくれていて卒業してもライブに必ずいたり、海外まで来るんです」と恩師について語った。


そんな学生時代を送ったももクロだが、学生を応援するキャンペーンの詳細がステージで明かされた。これは、学生を2泊3日の沖縄旅行に最大40人招待するというもの。その旅行の際に、沖縄のイオンで当選者立会いのもと、ももクロが学校行事用のポスターを撮影する。また高城は横断幕をデザインする予定だ。女子高に通っていた玉井は、旅行当選者が女子高のクラスだったら全員女子で女子会になると、学生時代を思い出していた。


イオンモールの学割・学得キャンペーンは3月20日から4月5日まで。中学生以上の学生を対象に学生証を提示すると割引や値引きなどのサービスが受けられる(店舗によって異なる)。詳細はhttp://spring-z.com/にて。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ