映画宣伝ならあざとすぎ!?橋本環奈の「炎上ツイート」に賛否両論

3月19日(月)9時59分 アサ芸プラス

 ただの“やらかし”の可能性が高いが、今だにさまざまなコメントが投稿されている。

 3月14日、女優でタレントの橋本環奈が移動中にツイート。その文面が「移動中にジャンプ読んでます。これはもしや。。笑」というもの。同時に、12日に発売されたばかりの「週刊少年ジャンプ」のあるページをアップしてしまったから、さあ大変。そのページとは、

「彼女が実写版映画でも出演している漫画の『銀魂』です。そのページというのが、彼女が演じるキャラクター神楽の娘である神流(かんな)が登場するというシーン。橋本自身が誌面をアップするほどなぜ驚いたかは、ページを見ただけで自分の名前の読みである『かんな』キャラが登場したからだろうとすぐに推測できますが、問題は雑誌の誌面をアップしたことで『ネタバレだ』『違法ダウンロードでは?』という声があがってしまったこと。違法ダウンロードは何を言ってるのかわかりませんが、確かに言われてみればネタバレです(笑)。でも、彼女への攻撃に対して『可愛いから許す』という無理やりな擁護も登場し、さまざまな賛否が入り乱れることになりましたね」(エンタメ誌記者)

 実際には大騒ぎする内容ではないはずも、彼女を擁護する中に「銀魂に出てるんだからオフィシャルでしょ?」という声があり、実は編集部自体からも嬉々としたリツイートがあったことで、「もし宣伝だとしたらあざとい」という批判が出ているのも確か。編集部がリツイートで炎上寸前の橋本をかばった可能性が高いが、未読の読者が「ネタバレ」と怒るのも無理はない。シリーズ第2弾の公開が8月に控えるVIP待遇の出演女優でも、誌面中身のネットへのアップは、今後注意したほうがいいかもしれない?

(小机かをる)

アサ芸プラス

「橋本環奈」をもっと詳しく

「橋本環奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ