篠原涼子&芳根京子、5年ぶりの再共演 親子役でガチバトル

3月19日(月)9時0分 クランクイン!

篠原涼子と芳根京子が映画『今日も嫌がらせ弁当』で共演(C)映画「今⽇も嫌がらせ弁当」製作委員会

写真を拡大

 篠原涼子芳根京子が、映画『今日も嫌がらせ弁当』で母娘役で共演することが発表された。篠原と芳根の共演は、芳根が女優デビューを果たした2013年放送のドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)以来となる。 原作は、Amebaブログデイリー総合ランキング1位に輝いた「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」から反響の大きかったお弁当と日記を抜粋して書籍化されたエッセイ『今日も嫌がらせ弁当』。本作はそのエッセイを基に脚色を加え、映画オリジナルの物語を描く。監督・脚本は『僕たちと駐在さんの700日戦争』『レオン』などを手がけ、登場人物をユーモラスに生き生きと描くことに定評のある塚本連平が務める。

 主人公で八丈島に住むシングルマザー持丸かおりを演じる篠原は「原作だけでなく以前ブログも読んでいて、『嫌がらせ弁当』と言うキャラ弁を通して反抗期の娘とコミュニケーションを取るお母さんなんて面白いけど素敵だな、と感じていました」と回想。「が、まさか自分がそのお母さんを演じることになるとは!さらに久々の共演となるカワイイ芳根京子ちゃんが反抗期の娘になるとは!」と驚きを見せる。「この作品が年頃のお子さんを持つお母さん、お父さんへの応援映画になってくれたら良いなと思います。そして自分も実生活では子供たちにお弁当を作るので色々役に立ちそうです!(笑)」とコメントを寄せた。

 一方、反抗期の高校生の娘・双葉に扮する芳根は、自身が初めて出演した篠原と共演の『ラスト・シンデレラ』に触れ「あの時はまだ右も左もわからない状況で、付いて行くのに必死でしたが、あれから5年の間にいろんな経験をさせてもらいました。今の全力をぶつけたいです」と意気込みを明かす。また篠原の娘役を務めることに関しては「『母娘バトル』がテーマの映画なんて、ぶつけ甲斐があるにもほどがあります!笑」と再共演に向けて気合十分な様子だ。

 映画『今日も嫌がらせ弁当』は3月下旬から八丈島を中心にクランクイン。

クランクイン!

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ