ポスト・篠崎愛!? 「神乳」と呼ばれた16歳のFカップグラドルが話題に!

3月19日(水)10時0分 メンズサイゾー

 そのボディと愛らしいルックスで、世の男性諸氏を魅了してくれるグラビアアイドルたち。一時は「壇蜜の一人勝ち」「AKBに侵食されてる」などと若手グラドルたちの苦境が伝えられたが、次々と新星が出現するのもグラビア界の魅力。今年、また注目の美少女が現われた。


 3月20日にイメージDVD『ゆうみ/天然美少女 〜ゆうみデビュー』(ラインコミュニケーションズ)を発売する16歳のグラドル・ゆうみ。インディーズ時代にDVD、CD写真集ともに約20枚を発売して人気を博しているゆうみは、これがメジャーデビューとなる。昨年「週刊プレイボーイ」(集英社)に登場した際には「神乳」と讃えられ、ネット上を中心に話題となっていたが、メジャーデビューDVDでも、サイパンを舞台に90センチのバストを惜しげもなく披露。なかでも、スクール水着に胸がおさまりきらず、あり得ないほど横からハミ出した画像など、衝撃のショットが公開されている。


 これを受けて、ネット上では「待ってました」「ついにメジャーになるのか」などの歓喜の声が上がっている。


「ゆうみは、小学4年生の活動当初から肉付きのいいダイナマイトボディで話題でした。16歳になった今でも顔立ちはそれほど変わらず、しかし胸は育ちに育ち、アイドルファンにとっては夢の『童顔+爆乳』キャラになりましたね(笑)。以前はFカップと語っていた胸ですが、すでにGカップ、もしかしたらそれ以上あるのでは…。同じような立ち位置という意味からか、一部では“ポスト・篠崎愛”の最右翼との呼び声も高いようです。インディーズ時代にはDVDや写真集が秋葉原で完売となるものの、メディア露出が皆無のため“伝説の美少女”とも呼ばれていましたが、ついにベールを脱ぎましたね」(芸能ライター)


 大阪出身のゆうみは、以前インタビューで「撮影会には、毎回のようにわざわざ北海道から来てくれる方がいます」「(自分の作品を)『全部くれ』って注文してくる人もいるって聞きました」と語っており、すでに熱狂的なファンが多くいるようだ。

 また、10代の頃から注目されたグラドルといえば、篠崎のほかにも、「Fカップ小学生」と話題になった紗綾が“大先輩”にあたる。2005年に発売された初のDVD『さあや11歳』が話題となり、その人気から中国の反日暴動沈静化にも一役買ったといわれる紗綾。昨年、20歳になったことを契機にセミヌードを発表したが、一部で「小学生のときがピークだった」ともいわれる事態に。


「紗綾は今もグラドル界の逸材であることは確かですが、当時のインパクトが強すぎることから、勢いが落ちた感は否めないのも事実です。『若くて』『かわいい』グラドルは今後も出てくるでしょうから、ゆうみもこれから正念場といえるでしょうね。紗綾の場合は、割と早い段階で集英社の『週刊プレイボーイ』が猛プッシュしたのが、ブレイクに一役買いました。篠崎愛にしても白泉社の『ヤングアニマル』が推しまくりましたし、ゆうみにもこういった本格的なメディアの後押しは欲しい。グラビアのクオリティが高い『ヤングジャンプ』(集英社)か、どちらかといえばオトナなアイドルを好む傾向にある『ヤングマガジン』(講談社)が食いつけば面白いんですけどね。DVDがバカ売れすれば『プレイボーイ』が再度グラビアを組みそうですが(笑)。気になるのは、ブレイクの際にどのくらいアンチ(ファンの対極)が発生するかですね…」(同)


 これまでは、ある意味地方の地下アイドル的な存在にすぎなかったゆうみだが、全国区の人気を獲得した場合、心ない声があがることも増えていくだろう。ゆうみは、そういったアンチの存在に負けず、グラビア界を制することはできるのだろうか。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

「グラドル」のニュース

BIGLOBE
トップへ