大竹しのぶ反省、さんまから還暦パーティー会費徴収「私がひどかった」

3月19日(月)6時43分 マイナビニュース

女優の大竹しのぶが、18日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00〜)に出演し、元夫でお笑いタレントの明石家さんまについて話した。

大竹しのぶ

今回は「会いたくない人と対面SP」。大竹は、MCのフットボールアワー・後藤輝基から「会いたくないのは、さんまさんですか?」と尋ねられると、「会いたくないって言ったらひどくないですか?」と笑いながら否定。さんまと何時間一緒にいられるか聞かれると「離婚して一緒に旅行も行ったんですけど、車で2時間、彼の運転で頭が痛くなりました」と打ち明け、笑いを誘った。

また、昨年開催した大竹の還暦パーティーの話題に。さんまは自身のラジオなどで、会費2万5,000円払わされたとぼやいていたが、その件について聞かれると、大竹は「あれは本当ひどかったなと思います、私が」と反省していた。

なお、大竹が会いたくない人は、さんまのモノマネ芸人・ほいけんた。「ただでさえ1人でもうるさいのに」と思っているという。ほいけんたは、大竹のモノマネ芸人・中垣みな、娘・IMALUのモノマネ芸人・寛香とともにスタジオに登場し、大竹は3人と初対面。ほいけんたから公認してほしいとお願いされると、"明石家ファミリー"として活動している3人を公認した。

マイナビニュース

「大竹しのぶ」をもっと詳しく

「大竹しのぶ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ