岡田准一、超人動画で“スゴ技”観賞「達人になりたいので(笑)」

3月19日(火)0時0分 マイナビニュース

岡田准一土屋太鳳白石麻衣北村匠海が出演するソフトバンクの新テレビCMシリーズ「ギガ国物語」として、『屋上』篇(30秒・15秒)が3月20日より放映開始される。

同シリーズは、岡田演じるリーダーの“オカダ”、土屋演じる真面目で純粋な妹的存在の“タオ”、白石演じる常に冷静沈着でりりしい“シライシ”、北村演じる気弱で他力本願ながら愛されキャラの“タクミ”の4人の旅人と、高性能AI搭載ロボット“サトウ”という個性的な面々が、「ギガ国」で起きているさまざまな現状に直面しながら旅をするストーリー。

新CMは、慢性的なギガ不足に悩む「ギガ国」の学生たちが、月末を迎え次々に“ギガ死”していく光景を4人の旅人と1体のAIロボットが目の当たりにするところから始まる。1人、また1人と“ギガ死”していく学生たちを見て、「来月1日までこのままだ」とオカダは悲痛の表情に。すると、「うっ・・・!」という声をあげてタクミも崩れ落ち、「まさか・・・」「あなたもギガ死」というシライシとタオの言葉に、「ついつい・・・猫動画を・・・」とタクミ。その画面には、フリーズしてしまった可愛い猫の動画が。それを見て、オカダは思わず「猫は見ちまうんだよーーー!!!!」と叫ぶ。

今回の撮影は、“砂嵐が吹き荒れる屋上”が舞台。ディテールにこだわって造られた映画並みのスケールの屋上セットが用意され、旅人たちがそこに立ち、撮影が始まると、「よーい!」という監督の掛け声と共に激しい砂嵐が始まる。「カット!」がかかると「うわー!!」と目をこするも、撮影中は全く瞬きをしないという役者根性。そして、達人ぶりを発揮していたのが岡田で、スタッフが恐縮して「すいません。もう一度砂行きます・・」と声をかけると、すかさず「全然大丈夫です! 喜んでー!!!」と元気に応え、見事に撮影をこなしていた。

岡田はまた、新CMにちなんで、ついつい見てしまう動画を聞かれると、「僕が見ちゃうのは、超人動画とかですかね。超人動画って何かって? なんかいっぱいいるじゃないですか(笑)。スゴ技! みたいなのとか、超人とか達人とか。そういうのはすごく好きですね。達人になりたいので(笑)。あとは癒しの動画とか、面白動画とかも結構見ますよ!」と答えた。

マイナビニュース

「岡田准一」をもっと詳しく

「岡田准一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ