GLAY、5年ぶり台湾ライヴにMaydayも飛び入り参加

3月19日(月)0時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



GLAYのライヴイベント『SPRINGDELICS』が3月17日に台湾の台北アリーナで開催された。会場は約8000人のファンが埋め尽くし、会場からGLAYの登場を待つ熱気があふれていた。暗転するや激しいオープニングSEが流れ、映像に合わせてメンバーが次々に登場。ボルテージが上がる中、アルバムリードトラック「the other end of the globe」がスタートした。この曲は昨年台湾の『第28回金曲奨』に出演した際も披露しており、現地でも人気の曲。壮大な楽曲に合わせてアリーナの熱気は早くも頂点に達そうとしていた。

MCではTERUが現地の言葉で「台湾の皆さん、お久しぶりです。そしてただいま! 皆さんにとても会いたかったです。今日は最高の思い出を作りましょう!」と会場に語りかけた。さらに「春を愛する人」演奏前にも「昨年、金曲奨でこのステージに立たせてもらいましたが、今日もまた立たせて貰えてとても幸せです! ありがとう! たくさんの愛情を詰め込んでお届けします!」と語り、優しく歌い上げた。

また、昨年リリースしたシングルのリードトラック「あなたといきてゆく」を披露する前は、「結婚がテーマの曲ですが、結婚がきっかけで改めて感じる家族愛を歌っています」と楽曲の世界観を説明したり、台湾のファンに寄り添いながらライヴは進められた。

新旧織り交ぜた楽曲を披露しながら本編が終わったが、会場の熱気は収まらずアンコールを求める声が鳴り止まない。会場は現地のファンがサプライズで用意した“TAIWAN♥GLAY”と記されたサインボードで埋め尽くされた。

会場の照明が明るくなると、台湾の人気ロックバンドMaydayが登場。 これには現地のファンも驚き、割れんばかりの歓声が起きた。

そのままMaydayとTAKURO&TERUがコラボした楽曲「Dancin' Dancin'」を披露。すぐさま会場は熱気の渦に包まれた。 この楽曲は2013年に作詞TAKURO、ゲストボーカルにTERUも加わり披露され、現地でも非常に人気の楽曲である。

楽曲が終わると次はGLAYとMaydayのギター「Monster」で、代表曲「誘惑」をコラボ。立て続けのサプライズに会場の熱気はピークに達し、大きな歓声が沸き起こった。

その後もアルバム収録曲「XYZ」などを中心に数曲を演奏し、最後は「I'm in Love」を披露。 演奏を終えると最後にTERUは現地の言葉で「また必ず帰ってきます!」と台湾のファンに熱い約束を交わし、台湾の熱い夜は幕を下ろした。

来週3月24日には約5年ぶりとなる香港ライブが控えており、2018年も勢力的な活動を見せるGLAYから目が離せない。

『GLAY ARENA TOUR 2018 “SPRINGDELICS” in Hong Kong』

3月24日(土) 香港・アジアワールドエキスポ ホール10
開場18:00 / 開演 20:00 (現地時間)

■チケット販売WEBサイト「city line」
http://www.cityline.com
■香港・アクセスツアーの詳細はこちら
http://entame.knt.co.jp/2018/GLAY/hongkong/

OKMusic

「GLAY」をもっと詳しく

「GLAY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ