「ちゃんと課金してレアキャラでこい!」バラエティ番組でのゲーム女子の発言に「上から目線の課金奴隷」「理想的な運営のカモだな」と非難轟々!!

3月19日(土)16時0分 おたぽる

YouTube『リアルよりゲーム上での知り合いの方が多い!超難問ゲームクイズ!【#2前編】 』より。

写真を拡大

 LIDDELLが運営する、さまざまなジャンルの若者のネットリテラシーにフィーチャーする、若者生態バラエティ番組『みんなのクラウド教室』の「ゲーム女子編」が今月8日と15日に配信された。番組内では「『強いユーザーはみんなで潰す』ゲームヲタク女子のあざとさが明らかに!?」や、「無課金いじめ!? 無課金ユーザーは見下す!」といった内容が放送され、ネット上から「自称ゲーム女子とかまじ勘弁」「無課金ユーザー見下すとかアホか」「課金豚はこんなやつらだったのね」と、批判を招いているようだ。

『みんなのクラウド教室』は若者のインターネットライフを紹介する番組で、お笑い芸人のハマカーンが先生役となり、ゲストの個性的な若者たちと特別講師の後藤和貴氏とともに、クラウドの利活用をテーマにした授業を行っている。これまでに「イケメン編」「スーパー女子高生編」「ガングロキャル編」が配信され、モテLINEテクニックや、自撮りテクニックなどが紹介されてきた。

 そして、最近配信され大きな反響があったのが「ゲーム女子編」。この回ではゲストの若者役に、『天才てれびくんMAX』(NHK系)に3年間レギュラー出演、その後グレたり、ブログが炎上したりと何かと話題になった橋本甜歌(てんちむ)。21歳で会社を経営、モデルとしても活躍中の金子じゃねん。コスプレ美少女として注目を集めているプラネットオシリス。ニコニコ動画で踊り手として登場後、現在ではイベント出演依頼殺到の仮面ライアー217(にいな)。秋葉原をホームグラウンドとして活動中のアイドルグループ『アキシブproject』の伊関亜美という、なかなか濃ゆい面子が参加したようだ。

 番組内では、ゲームの方がリアルより友達が多い、実際に遊んだりもする、ボイスチャットで仲良くなったりするなど、美女たちが出会い厨(?)な一面を明かしたりするなど大いに盛り上がり、「うおっ!まじか!」「ゲームしなかったけど考えを改めるか」と、彼女たちに好印象を持つものもいた。ここまでは……。

 しかし、その後の展開では、「強いユーザーはみんなで潰す」といった発言や、『ゲーム好き女子大生によるぶっちゃけ座談会!』では、「無課金のユーザーを下に見ている」「なんでこんな(弱い)キャラクター使ってんだよと思う」「ちゃんと課金してレアキャラでこい!」「弱いユーザーとは一緒にプレイしない」といった爆弾発言により、ネットでは意見が一転。「そもそも課金しちゃう残念な子の座談会です」「まさに理想的な運営のカモだな」「上から目線の課金奴隷って矛盾してて面白いな」「無課金の俺がこいつらをぶっ飛ばして現実をわからせてやる」といった、怒りの声が上がっていた。

 中には「プレーヤースキルが重要なゲームとか、そういうゲームはやってなさそうね」「これでゲーム女子って言えるの?」「スマブラとかボンバーマンで強いとかなら本気で尊敬してやる、ぷよぷよ鉄拳ストリートファイターでもええで」「スマホゲーマーごときがゲーム女子なんて名乗るな」と、スマホゲームしかプレイしない女性を“ゲーム女子”と括った、番組そのものに対するツッコミも目立っていた。

「私かなりのゲーマーなんだよね」「へー!なにやるの!?」「パズドラとかグラブル!」って言われた日にはもう波動拳を打ちたくなってしまうが、スマホゲームがゲーム業界を席巻しつつある近年。「ゲーム」という言葉がゲームハード機やPCでやるものから、スマホのアプリを指すものとして平気で使われるようになりつつあるという、昔からのコアなゲーマーには悲しい現実が、浮き彫りとなる結果となってしまったようだ。

おたぽる

奴隷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ