小泉進次郎氏の議員宿舎を深夜訪れた女性「仕事の話してた」

3月19日(月)7時0分 NEWSポストセブン

“政界のプリンス”として、とりわけ女性からの厚い支持を集める小泉進次郎氏。地元関係者から、小泉氏の「親しい女性」の存在を聞いた。彼女は神奈川県のレジャー産業で働く28歳女性・S子さん。過去に、進次郎氏のブログに書かれた「お仕事頑張っているんだろうなぁ。いつもの笑顔で」などの文面から、自身のことをブログで取り上げられていると思い喜んでいたという。


 その後二人はメールのやり取りをするようになったが、2人の関係が「メル友」に留まらなかったことは、周辺取材により明らかになっていく。


 寒さがいよいよ厳しくなろうとしていた今年1月中旬。その日、S子さんは都内にいた。友人との会食に出かけていたのだ。会食は10時前には終わる。しかし、酔いも回って寒風が心地よく感じるようになったS子さんはまだ帰路につきたくなかった。赤坂に住む“あの人”からのメールを待っていた。願いが通じた。


〈今日、これから赤坂宿舎にこられない?〉


 赤坂議員宿舎に住む小泉議員からのメールである。S子さんはすぐさまメールを返す。


〈伺いたいですけど、宿舎どこにあるかわかりません〉


 するとまた返信がある。


〈タクシーできてください。着いたら連絡ください〉


 S子さんが小泉議員にいわれたままの住所をタクシー運転手につげ、議員宿舎の門をくぐったのは深夜11時頃だったという。そして早朝4時頃、彼女は人目を憚るようにタクシーに乗って議員宿舎を後にした——。以上は、関係者への取材を元に当日の夜を再現したものである。S子さんと親しい人間にその日のことを聞いた。


「彼女が小泉さんの部屋にあがったのは知っています。でも2人の間に何があったのかまではわかりません。ただ、S子さんはその夜のことを後悔し、周囲の友人にも相談したようですね。実は彼女には交際男性もいたんです。そのことが原因で、彼と大ゲンカになってしまったと聞いています」


 若いカップルの関係にさざ波を立ててしまった小泉議員の「誘い」。赤坂議員宿舎の「ワケアリの夜」についてS子さんに話を聞いた。


——小泉議員のブログに書かれているのはS子さんのことですよね。

「私かどうかわからないですが……はい」


——お付き合いをしているんですか?

「してないです」


——宿舎に行かれたことは間違いないですよね?

「……はい」


——それは1月中旬の夜11時から深夜くらいですか?

「そうだと思います」


——メールのやり取りをしていて、いらっしゃいと呼ばれたんですか?

「はい。タイミングがあったんで……。宿舎では、仕事の話とか、お話しさせていただきました」


——小泉さんから求められたりはしなかったですか?

「ないです。ノーコメントです」


 取材中、S子さんの対応は実に丁寧でやわらかく、こちらを気遣う配慮までしてくれた。小泉議員が称賛したのもうなずける女性だった。最後、S子さんは、自らに言い聞かせるようにこういった。


「いまは一切、小泉議員とは連絡をとっていません」


 一方の小泉議員の事務所にも取材を申し込んだが、本誌の締め切りまでに、回答はなかった。女性支持者が多い小泉議員にとっては「赤坂の夜」は隠したいことなのだろうか。 ちなみに議員宿舎に女性を招くこと自体は、「議員と同伴の場合は、議員の責任において入館して頂く」(衆議院事務局)ことになっており、内規に触れるわけではない。


 ただし、小泉議員は覚えているだろうか。一昨年の3月。中井洽議員(当時国家公安委員長)が議員宿舎に交際中の女性を招き入れたスキャンダルが報じられた際、当時一新人議員に過ぎなかった小泉議員は、こう批判した。


「もしも官舎に入れた部外者の方が外国の諜報機関と繋がっていたらどうするんですか」


 国会公安委員長という国会機密を扱う中井議員の立場を踏まえての指摘だったが、今や小泉議員は、永田町の将来を背負う存在だ。深夜、女性と2人きりの“政治談義”もほどほどに。


※週刊ポスト2012年3月30日号

NEWSポストセブン

「小泉進次郎」のニュース

BIGLOBE
トップへ