新幹線で注目の函館グルメ 豪華魚介が乗った「朝市丼」

3月19日(土)7時0分 NEWSポストセブン

函館「恵比寿屋食堂」の「朝市丼」(2590円)

写真を拡大

 北海道新幹線が3月26日に開業するということで、俄然注目が集まっているのが函館だ。特に新鮮な海の幸は多くの観光客を魅了する。


 函館で獲れたての魚介を食べたいなら、やはり函館朝市(函館朝市協同組合連合会)だ。約250もの店や食堂が早朝5時頃から開店。活気づく市場には、獲れたての新鮮な魚介や野菜がずらりと並ぶ。目玉は名物のいか釣堀。釣ったその場でさばいてくれる。14時頃に閉店する店が多いので早起きして出かけたいところだ。


 そんな函館朝市の美味を一度に食べられるのが、市場内にある「恵比寿屋食堂」が提供する「朝市丼」(2590円)だ。道南と青森の町おこしに取り組む女子会、通称“マグ女”の道南側代表であり、温泉旅館矢野の若女将である杉本夏子さんはこうオススメする。


「食べるべき海鮮が全部のった満足の逸品。ほかにもうにの大盛り丼や函館男爵黒豚丼などおいしいメニューが豊富です」


 帆立やボタンえび、うに、イクラ、かになどの豊かな海の幸が楽しめる函館だが、中でも一番の名物は活いか。今まで食べたいかの概念を覆すおいしさだ。函館歴史文化観光検定を取得している道南ハイヤーの伊藤公俊さんはこう話す。


「いか刺しは地元の家庭では、朝食の定番。澄んだ透明感は新鮮さの証しです。甘みとコリコリとした食感、ぜひ味わってください」


 ちなみに、北海道新幹線特任車掌に就任したのが、『水曜どうでしょう』(北海道テレビ放送)などでお馴染みの鈴井貴之さん。東京駅から新函館北斗駅までを最速4時間2分にでつなぐ北海道新幹線について、「全国はもちろん、東北地方と北海道・函館がより身近になることを期待しています」と語っている。


撮影■坂本道浩


※女性セブン2016年3月31・4月7日号

NEWSポストセブン

「函館」をもっと詳しく

「函館」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ