宮根誠司、独立7年目の窮地…視聴率惨敗で羽鳥慎一、田中みな実も逃げ出す!?

3月20日(月)17時58分 アサ芸プラス

 平日午後2時からの“ワイドショー戦争”で、“独走状態”だった宮根誠司の冠番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に危機感が漂っている。

 関東地区では、現在も7〜8%の視聴率をキープしているものの、本拠地の関西地区では3月になって4度も5%台に降下したのだ。

 同番組を制作している読売テレビは、大阪市内で3月15日に行った春の改編発表で、松本拓也編成部長は「NHKさんも生番組化され、さらに熾烈な時間帯になってくる」と発言。その打開策として、日本テレビ制作の前番組「ヒルナンデス!」との連動をはかり、系列で強化していきたい意向を語った。

「ミヤネ屋」の不振をテレビ誌のライターは次のように分析する。

「宮根は、以前から『リポーターの言葉を途中で遮るので不快』と視聴者から不満がありました。そんな宮根のMCに、出演したくないという記者やコメンテーターもいます。また、4月からはNHKの『ごごナマ』がスタートすることで、宮根はさらなる苦戦を強いられるでしょう」

 宮根は2010年3月、それまで所属していた事務所のマネジャーと独立。新事務所には、羽鳥慎一や田中みな実、ハリー杉山らが所属している。

「宮根のレギュラーは『ミヤネ屋』と『Mr.サンデー』の2本ですが、羽鳥は『羽鳥慎一モーニングショー』『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日系)など6本も抱えている。これで『ミヤネ屋』がジリ貧になって打ち切りなんてことになったら、羽鳥や田中は逃げ出すかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト)

 独立7年目にして窮地に立たされた宮根。これをどう打破していくか、宮根の真価が問われそうだ。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ミヤネ屋をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ