実写映画『名探偵ピカチュウ』ヒロインの吹き替えキャストに飯豊まりえ 5・3日本先行公開

3月20日(水)8時0分 オリコン

『名探偵ピカチュウ』日本語吹き替えを担当する竹内涼真と飯豊まりえ

写真を拡大

 ハリウッドで実写映画化される『名探偵ピカチュウ』(5月10日全世界公開)が、5月3日に日本で先行公開されることが20日に発表された。あわせて“しおしお”“くしゃ”顔のピカチュウやミュウツーが見られる最新予告映像と日本語吹き替え追加キャストも公開。女優の飯豊まりえが出演する。

 同作は、大人気ゲーム『ポケットモンスター』(以下、ポケモン)に登場する人気キャラクター・ピカチュウを題材にしたゲーム『名探偵ピカチュウ』が原作。主人公のティム・グッドマンが、ライムシティという街を舞台に、相棒のピカチュウと一緒に謎を解きながら、事件に巻き込まれた父親を探すミステリーアドベンチャー。

 ピカチュウは、アニメ版で声優・大谷育江による「ピカピカー!」といったこれまでのキュートなキャラクターとは対照的で、人間の言葉を話し、憎まれ口を叩きながらコーヒーが好きという中身は“おっさん”のような自称“名探偵”。

 最新映像では“しおしお顔”“くしゃ顔”のさまざまな表情のピカチュウを見ることができ、そのほか圧倒的な存在感を放つミュウツー、フシギダネ、リザードン、コダックなどおなじみのポケモンたちが次々と登場する。

 日本語吹き替えのキャストは、ティム役を俳優の竹内涼真、ヒロイン・ルーシー役を飯豊まりえ、渡辺謙演じるヨシダ警部補役を渡辺本人が担当する。

 竹内は「映像をみた時本当にポケモンたちが生きているみたいでビックリしましたし、ポケモン世代のいちファンとしてこの世界観が表現されたことがうれしかったです」、飯豊は「『ポケモン』は小学生のころからゲームが出たら絶対に買ってきましたし、今でも時間があったらポケモン映画を観返すほど大好きだったので、今回ルーシーの声に決まった時は夢のようでした」と出演できる喜びのコメントを寄せた。

(c)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(c)2019 Pokemon.

オリコン

「ピカチュウ」をもっと詳しく

「ピカチュウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ