世界選手権女子SP、ザギトワが首位発進!坂本は2位、紀平は7位

3月20日(水)21時32分 RBB TODAY

アリアナ・ザギトワ選手【錦怜那】

写真を拡大

20日、世界一を賭けた最終決戦『フィギュアスケート世界選手権2019』(フジテレビ系)がさいたまスーパーアリーナで行われた。第1日目の女子ショートプログラムでは、ロシアのアリーナ・ザギトワが首位発進した。


 平昌五輪の金メダリストのザギトワが圧巻の演技を見せ、82.08点でトップ。
それを追う坂本花織(シスメックス)は76.86点で2位。

 現在16歳で大会最年少Vを狙う紀平梨花(関西大学)は70.90点で7位、続く8位には70,60点で宮原知子(関西大学)がついた。

 女子フリープログラムは明後日22日に行われる。紀平はそれに向けて、「必ずトリプルアクセルを2本決めるようにして、自己ベストを更新できるように今からイメージしたい」と力強く語っていた。

RBB TODAY

「世界選手権」をもっと詳しく

「世界選手権」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ