ピエール瀧 逮捕前の葛藤と高まっていた「楽観主義バイアス」

3月20日(水)7時0分 NEWSポストセブン

送検されるピエール瀧容疑者(写真/時事通信フォト)

写真を拡大

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、麻薬取締法違反などの容疑で逮捕された、音楽家で俳優のピエール瀧容疑者を分析。


 * * *

「ピエール瀧容疑者逮捕」という一報を見た瞬間、あれだけ活躍しているのになぜ?と驚いてしまった。「ストレス解消のため」。麻薬取締法違反の疑いで、厚生労働省の関東信越厚生局麻薬取締部、通称“マトリ”に逮捕されたピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者は、コカインを使用した理由をそう供述しているという。

 

 瀧容疑者は、音楽ユニット「電気グルーヴ」ではミュージシャンとして人気を博し、醸し出す独特の存在感と個性的な演技から、映画やドラマ、CMへと活躍の場を広げていた。数々の映画賞を受賞するなど俳優としての評価も高く、順風満帆、脂が乗っている時期だった。様々な情報番組から聞こえてくるコメントも、優しく楽しい人、そんな素振りはなかったというものばかりだ。


 多忙なスケジュールの中、プレッシャーやストレスから逃れ、テンションを上げるために、つい手を出してしまったのだろうか。多分使用したのも、ここ数年のことなのだろう。そんな風に思っていたら、「20代のころから大麻やコカインを使っていた」と供述しているというのだから、さらに驚いた。


 長年、使用していたということは、他人が薬物で逮捕されるニュースを見ても、自分が見つかる確率は低い、逮捕されることはない、そう思っていたと考えられる。人は、他人と比べて、自分がネガティブな出来事に遭う確率やマイナスの可能性を低く見積もる傾向がある。そして同時に、ポジティブな出来事やプラスの可能性は高く見積もるという傾向もある。これを「楽観主義バイアス」という。


 楽観主義バイアスのメリットは、前向きに、ポジティブに考えたり期待したりすることで、物事を成功へと導くことができる点だ。だが、楽観視することで、現実を直視できなくなるというデメリットもある。今回の逮捕は、まさに楽観主義バイアスのそうした悪い面が出たといえるだろう。



 コカインは、「セレブドラッグ」と言われるほど覚せい剤に比べて高価。代謝が早く体から抜けるのが早いということもあり、覚せい剤に比べると逮捕者が少ないという。逮捕されるのは他の薬物を使っている者であり、自分ではないと考えていたなら、彼の楽観主義バイアスは高まっていただろう。


 そのため、逮捕された時の影響など、目の前に大きなリスクがあっても、また実際に逮捕されることがあったとしても、それが今すぐ起こる確率は低いはずだと思っていたと考えられる。


 おそらく彼の周りでは、薬物使用の容疑で逮捕された者がいなかったのではないだろうか。禁断症状で苦しんだり、仕事がなくなり違約金の支払いなどで困ったケースが身近で起こっていなければ、逮捕されることの影響や深刻さを実感することもない。おのずと楽観主義バイアスは高くなっていく。「うまくやっていれば捕まる心配はない」と考えるようになり、リスクに対する想像力は弱くなる。


 また、常習者としてその状態が長年続けば、それが日常になってしまう。時折、不安が喚起されたり強まったとしても、その緊張状態は長くは続かない。約2年前から遅刻が急増していたという報道もあるが、一時的に強い不安を感じ、このままではまずいという葛藤があったとしても、その感情は続かず、結局はリスクを軽く見積もってしまう。薬物を止めることより、薬物がもたらす感覚や感情を「利益」と捉えてしまうのだ。


 ハリソン・フォード主演のハリウッド映画『今そこにある危機』ではないが、瀧容疑者は己が抱えている危機を楽観視していたのだろう。


 違約金は過去最高額になるだろうと、様々なメディアが報じている。コンサートや出演作品を始め、各方面への影響も甚大だ。護送される車の中で目を瞑っていた瀧容疑者は、いったい何を思っていたのだろう。

NEWSポストセブン

「ピエール瀧」をもっと詳しく

「ピエール瀧」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ