小宮悦子が語るNステの思い出「巨人優勝で久米さん坊主に」

3月20日(水)7時0分 NEWSポストセブン

女性キャスターのパイオニアが語る

写真を拡大

 1985年から1998年にかけて『ニュースステーション』(テレビ朝日)を久米宏氏とともに支えた小宮悦子さんは、その後の報道番組における「女性キャスター像」を作り上げたパイオニアである。小宮さんが、久米氏から教えられたことを語った。(聞き手/岸川真=作家)


 * * *

 スペースシャトル・チャレンジャーの事故、チェルノブイリ、湾岸戦争にバブル崩壊と、1980年代後半から1990年代初頭にかけては時代が揺れ動きました。


 視聴者のニーズに番組がマッチしたのでしょう。いつしか最高視聴率が20%を超えるほどの番組に成長しました。


 そんな世界でも、番組の姿勢はブレなかった。「知ったかぶりは絶対しない」と、徹底的なまでに視聴者目線を求めていました。


 いくら働き盛りの30代前半とはいえ、1週間ぶっ通しでこうした生放送に臨む日々はハードそのものでした。ご飯を食べる暇もない24時間営業態勢です。朝イチでロケに行き、夕方に局へ帰るとナレーション録り。本番前には久米さんを交えた打ち合わせ。放送後は反省会でプロデューサーから厳しいダメ出し……。


 ヘトヘトになりながらも、久米さんからは「24時間この番組のことだけを考えてくれ」と何度も言われました。


 久米さんは番組の細部やセットまで考えを巡らせて、その日の衣装に合わせてボールペンまで変えていましたからね。


 論説委員の小林一喜さんも真剣そのもの。小林さんは普段は温和ですが、ニュースに対して寸鉄人を刺すジャーナリスト魂の持ち主。報道姿勢に関しては、小林さんにも多くのことを学ばせていただきました。


 そんなこんなで、スタジオにはいつも良い意味での緊張感がありましたが、久米さんと小林さんがふとリラックスする瞬間がありました。それがスポーツコーナーです。


 久米さんは広島ファン、小林さんは中日ファン、私はにわか近鉄ファンと見事にバラバラ。巨人が優勝して久米さんが坊主頭になったり、中日が優勝して小林さんがくす玉を割ったり、各々が好みを丸出しにして、本当に楽しかった。


※週刊ポスト2019年3月29日号

NEWSポストセブン

「小宮悦子」をもっと詳しく

「小宮悦子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ