BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

斎藤工が愛読した「オカズ雑誌」を告白、動画派でなく紙派だったことが判明

アサ芸プラス3月21日(火)9時59分
画像:斎藤工が愛読した「オカズ雑誌」を告白、動画派でなく紙派だったことが判明

 イケメンにして個性的、女子たちの熱い視線を独り占めにしている斎藤工が明かした高校時代のエピソードに驚きの声が上がっている。

 3月15日、映画「ブルーハーツが聴こえる」の上映会に出席した斎藤は、高校生の頃の自分が毎日悶々としていたことを告白。艶系雑誌の「デラべっぴん」を愛読していたと語り、会場を大いに盛り上げた。

「まさか斎藤の口から『デラべっぴん』の名前が出てくるとは思いませんでした。これは1980年代後半に人気を博した大人向け雑誌で、夜の自家発電をするのに欠かせないものでした。当時学生だった男性なら誰もが見たことがあるはずです。オカズの代名詞だったと言っても言い過ぎではありません」(週刊誌記者)

 ちょっぴり艶っぽいトークで観客を楽しませるあたり、さすが斎藤といったところか。だが、長く大人向け雑誌で活躍するライターはこれに疑問を呈する。

「斎藤は現在35歳。彼が高校生だったのは約20年前、1997年ごろになります。このときはすでに動画が主流になり、紙の雑誌は年配の男性や一部のマニアのものになっていました。『デラべっぴん』も部数を大きく落としていて、内容も迷走していたんです。それでもなお斎藤が愛用していたとすると、彼は古風な考えを持っているか紙に強いこだわりがあるということでしょう。今でも紙の雑誌にこだわっている人は『音がなく動くこともない紙のほうが、あれこれ自由にイメージできていい』という考えなんですが、斎藤も同じなのかもしれません」

 今は動画派か紙派か、そのへんも気になるところだ。

copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「カズ」をもっと詳しく

注目ニュース
「仕事復帰が難航」ベッキーが「スマホ依存症」告白で囁かれる“危ない兆候” アサ芸プラス7月28日(金)5時59分
「レギュラーだったテレビ番組に復帰するのは、ほぼ不可能な状況です。茶の間のベッキー嫌いは主婦を中心に根強いものがあるため、地道に単発で持ち…[ 記事全文 ]
小籔千豊「整形しました」美容外科の対応に苦笑 モデルプレス7月28日(金)5時42分
【小籔千豊/モデルプレス=7月28日】お笑いタレントの小籔千豊が27日、日本テレビ系のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(毎週木曜よる10…[ 記事全文 ]
加藤綾子にフジテレビが「取材規制」を通達していた! まいじつ7月28日(金)7時0分
(C)まいじつフリーアナウンサーの加藤綾子がフジテレビから“取材制限”を通達されていることが、本サイトの取材で明らかなった。[ 記事全文 ]
ジャスティン・ビーバー、パパラッチはねる ナリナリドットコム7月28日(金)8時0分
ジャスティン・ビーバーが7月26日夜、米ロサンゼルスで行われたヒルソング教会の礼拝を去る際に、自身のピックアップトラックでパパラッチに衝突…[ 記事全文 ]
大山のぶ代 夫・砂川啓介さん葬儀に出られなかった悲しき理由 女性自身7月27日(木)16時0分
大山のぶ代(83)の夫・砂川啓介さん(享年80)が7月11日、尿管がんのため都内の病院で亡くなった。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア