鳥居みゆき、インスタで魅せるキャラ扮装の「豊かなバスト」に大反響!

3月21日(水)9時59分 アサ芸プラス

 強烈な個性が持ち味のお笑い芸人・鳥居みゆき。彼女が3月13日、自身のインスタグラムで公開したある“キャラ扮装”写真が、「かっこいい」と評判になっている。

 それは、宮崎駿監督の大ヒット映画「もののけ姫」のヒロイン“サン”に扮した姿。キャラクター同様おかっぱ風のザンギリ頭、口の周りには血糊がたっぷりと塗られている。白のタンクトップを着て、背後には映画に登場する犬神“モロの君”を思われる手書きのイラストが描かれ、カメラに向かって鋭い眼光を投げかける姿は、まさしくサンそのもの。この写真が公開されるや、コメント欄には〈美しい!〉〈かっこいい…〉など、ファンから称賛の言葉が寄せられた。

「キャラクターをマネて口の周りに血糊を塗ることで、さらに完成度がアップ。独特のセンスを持つ鳥居は、インスタでも時折“血糊”を思わせるグロテスクな写真をアップしています。先月21日には〈スライムせいさくちゅう〉と、固まった血液を思わせるスライムを手に取った写真を載せたり、1月10日にはお笑い芸人・コウメ太夫が顔面から出血しているようなホラーメイクを自身に施した斬新な写真もアップしています」(エンタメ誌ライター)

 今回の扮装は、鳥居のセンスがキャラと見事にマッチした作品と言ってもよさそう。だが、完成度は高いが、一点だけ実物と“違う”点があるという指摘も上がっている。

「キャラ同様に着用している白いタンクトップの盛り上がった豊かなバストが“大き過ぎる”と問題になっているんです」(前出・エンタメ誌ライター)

 実際、コメント欄を見ると様々な表現でその大きさを賛美する意見が数多く見られ、中には〈良い感じ!でも胸が大きすぎ。おいしい、もとい、おしい〉〈似てるけど…ホンモノはそんなに〉艶っぽさはない、と指摘する声もある。

「鳥居は、バストサイズこそ公表していませんが、かつて雑誌のグラビアで上下セパレートの水着姿になったこともあります。スリムな割には胸が大きいという“脱いだらスゴイ”タイプ。結婚して10年余り、夜の営みが少ないと漏らしていますが、妻になって色香の増したボディは充分魅力的ですね」(スポーツ紙デスク)

 次は叶姉妹レベルのきわどさの大胆扮装にも、ぜひ挑戦していただきたいものだ。

(窪田史郎)

アサ芸プラス

「キャラ」をもっと詳しく

「キャラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ