キンプリ岩橋玄樹が「来年8月まで」復帰できない理由とは!?

3月21日(木)10時15分 アサジョ

 アイドルグループ「King & Prince」が、3月20日からオンエアされている「Yahoo!きせかえ」のCMキャラクターに起用された。

 スマートフォン向けのきせかえサービスをアピールするため、テレビCMの“DRESS UP!”篇ではメンバー5人が6つのきせかえスタイルを披露。撮影スタジオには5つの試着室を備えた巨大なボックスが用意され、そこからメンバーたちが飛び出してくる様子が撮影されたという。そのCMにキンプリファンの“ティアラ”からは、こんな声が漏れ伝わってくるという。

「彼らが飛び出してくる“DRESS UP! BOX”には、それぞれのメンバーカラーを配したカーテンを装備。左からひまわりイエロー、漆黒、真紅、紫、ターコイズブルーと並んでいるのですが、パニック障害の治療で活動休止中の岩橋玄樹を示す“濃いピンク”がないことに、ファンは心を痛めています。それゆえ『少しでもいいからどこかにピンクを入れてほしかった』との声もあがっているようです」(芸能記者)

 その岩橋は昨年11月初旬から休養しており、2月17日には制限付きでの芸能活動再開をアナウンスしたものの、同28日には見送りを発表。早期の復帰が待たれている状況だ。だが今回のCMを見た業界関係者からは、岩橋の復帰は1年以上先になるとの予測も出ているという。

「キンプリにはアイドルグループとしては珍しく、黒をイメージカラーとするメンバーがいます。それゆえ紫を青、ターコイズブルーを緑と強引に読み替えれば、オリンピックの五輪を構成する〈青・黄・黒・緑・赤〉がそろうことになるのです。ジャニーズとしては何が何でも東京五輪に絡みたいでしょうし、そのためには若手の成長株であるキンプリを五輪になぞらえるのは絶好の手段となるはず。それゆえピンク担当の岩橋は東京五輪が終了する8月9日までは、復帰を急ぐ必要がないと判断されるかもしれません」(前出・芸能記者)

 もし岩橋が早期に復帰できるなら、キンプリ五輪のマークをピンクで囲うといった、ジャニーズ風の五輪ロゴを描き出すのかもしれない。

(白根麻子)

アサジョ

「キンプリ」をもっと詳しく

「キンプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ