BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

約半世紀も前に作られた日本版『沈黙』も傑作だ!

文春オンライン3月21日(火)17時0分

1971年作品(130分)/東宝/4500円(税抜)/Amazonビデオ視聴もあり


 公開からしばらく経ったが、マーティン・スコセッシ監督の新作『沈黙—サイレンス—』が素晴らしい。このレベルの名監督が本気で挑むと、こうも見応えある時代劇ができるのか、と感心した。同時に、日本で近年作られた大半の時代劇を物足りなく感じていた身には、悔しくもあった。


 期せずして日米の現状の差に気づかされたが、実は今から四十六年前、日本でも同じ遠藤周作の小説を原作にして、スコセッシに勝るとも劣らない作品が撮られていた。


 その同名映画を今回は取り上げる。監督は篠田正浩。


 物語はスコセッシ版と同じだ。舞台は激しいキリシタン弾圧が行われている江戸初期の長崎。誰よりも敬虔な信徒だった師・フェレイラが同地で棄教したことを知ったロドリゴ神父(デイヴィド・ランプソン)は、事実を確かめるべく危険を冒して同僚と共に長崎へと渡る。そこでは、村々の信徒たちが隠れて神に祈りを捧げていた。だが、奉行所の探索と拷問は厳しく、残酷な手段で処刑されていく。そしてロドリゴも、元信徒のキチジロー(マコ岩松)に売られ、捕縛されてしまう。


 長崎奉行の井上は信徒たちに残虐な拷問をする様を次々とロドリゴに見せつけつつ、巧みな弁舌で棄教を迫る。その追い込まれる姿が凄まじい迫力だった。というのも井上を演じるのが、岡田英次なのだ。そのため徹底して冷酷に映り、しかも放たれる知性もサディスト性も、尋常ではなくなっている。観る側としては、「この男には絶対に敵わない。棄教以外にロドリゴの逃げ場はない」と、容赦ない絶望感を掻き立てられるしかなくなる。


 その絶望感が頂点に達するのが、フェレイラ神父が登場してからである。スコセッシ版ではこの役をリーアム・ニーソンが演じていた。リーアムのフェレイラには、どこかインテリならではの繊細な雰囲気が漂っていて、そのことが棄教してしまった者の弱さに説得力を与えていた。


 本作ではフェレイラを、リーアムと対極の、豪傑のイメージのある丹波哲郎が演じる。


 それを篠田は、巧みに逆利用していた。一見豪気に見える丹波が、憔悴して苦悩に満ちた表情で「私は役に立ってる。この国の人びとの役に立ってる——」と自分に言い聞かせるように呟き、棄教を促す——。その姿の背後には、これだけの男を意のままに操るまでにした井上の恐ろしさが見え隠れし、ロドリゴの置かれた状況の苛酷さがさらに際立つことになった。


 ハリウッドの巨匠が膨大な時間と予算をかけた作品と互角な時代劇を作る力が、かつての日本映画にはあった。そのことを、痛感できる一本だ。



(春日 太一)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「約半世紀も前に作られた日本版『沈黙』も傑作だ!」の関連ニュース

注目ニュース
乃木坂46・齋藤飛鳥、編み込みヘアーで投げキッスに賛否両論! 横澤夏子を公開処刑に衝撃走る! おたぽる4月23日(日)9時0分
15日に行われた、女性ファッション雑誌「sweet」(宝島社)主催のファッションイベント『sweetcollection2017』に、同誌…[ 記事全文 ]
『ゴースト・イン・ザ・シェル』何故ヒロインが日本人じゃなかったのか?足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判 シネマカフェ4月22日(土)15時0分
『ゴースト・イン・ザ・シェル』の足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判ってナニ?士郎正宗原作コミック「GHOSTINTHESHELL攻殻…[ 記事全文 ]
松本人志、指原莉乃に「ケバくなった」!さらに追い打ちをかけるように...... RBB TODAY4月23日(日)13時22分
23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、松本人志が指原莉乃の最近の変貌ぶりについてコメントする場面があった。[ 記事全文 ]
坂口杏里逮捕で「義理の父、尾崎健夫さんにも責任」 東国原英夫の発言に反論続出 Techinsight4月22日(土)21時33分
元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が、21日に出演したテレビ番組にて恐喝未遂容疑で逮捕(21日夜、釈放)されたタレントの坂口杏里の事件に触…[ 記事全文 ]
中居クン「食レポ下手」効果 試食で苦手そう...でもバカ売れ! J-CASTニュース4月23日(日)14時17分
香取慎吾さんがMCをつとめるニュースバラエティ「SmaSTASION!!」(テレビ朝日系)に、2017年4月22日、ゲストとして中居正広さ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 『ゴースト・イン・ザ・シェル』何故ヒロインが日本人じゃなかったのか?足を引っ張った“ホワイトウォッシュ”批判シネマカフェ4月22日(土)15時0分
2 乃木坂46・齋藤飛鳥、編み込みヘアーで投げキッスに賛否両論! 横澤夏子を公開処刑に衝撃走る!おたぽる4月23日(日)9時0分
3 坂口杏里逮捕で「義理の父、尾崎健夫さんにも責任」 東国原英夫の発言に反論続出Techinsight4月22日(土)21時33分
4 視聴者が戦慄!小栗旬「CRISIS」はあの「プチエンジェル事件」がモデル!?アサ芸プラス4月22日(土)9時59分
5 さんま「偉いさんの奥様が」テレ東“絶縁”理由語る日刊スポーツ4月23日(日)10時3分
6 小林麻央が再入院「家で回復させたかった」ナリナリドットコム4月22日(土)19時55分
7 坂口杏里の悲しき保釈 親族総スカンで警察関係者から困惑の声女性自身4月21日(金)19時0分
8 市川海老蔵の心境は…「家族にあいたい…あいたい」日刊スポーツ4月22日(土)1時15分
9 香取慎吾&中居正広、SMAP解散後初共演「子供がいたんだってな!?」「もういいんだよそれは!」モデルプレス4月22日(土)23時23分
10 指原莉乃、ラップで総選挙への本音が爆発「もういいだろ!」モデルプレス4月22日(土)16時17分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア