『曇天に笑う』福士蒼汰、中山優馬との再タッグを熱望!桐山漣は“ポンちゃん”古川雄輝との親交明かす

3月21日(水)15時8分 映画ランドNEWS

映画『曇天に笑う』初日舞台挨拶が21日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの福士蒼汰中山優馬古川雄輝桐山漣小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、監督の本広克行が登壇した。


曇天に笑う



冒頭から仲睦まじい様子をのぞかせるキャスト陣。イベントでは、「もう一度共演するなら、この人とこんな作品をやってみたい!」とのお題が。福士は「より取り見取りだもんなぁ…加治“監督”に撮ってもらいたい(笑)」と笑顔をのぞかせ、加治“監督”は「福士蒼汰を全編全裸で撮ってやる!」と意気込み、笑いをさらっていた。


曇天に笑う


改めて福士は「優馬ともっかいやりたい!バディもの、刑事とかやりたいですね!助け助けられ、みたいな関係をやりたいですね」とハニカミ。中山は「キャンペーン中に耀人と身長が一緒くらいになってきて、耀人の弟役をやりたいですね(笑)」と告白。撮影時から、身長が13センチほど伸びたようで、若山は「(中山が)僕のアニキとなって、ズカッとやりたいです!」と笑顔をのぞかせた。


曇天に笑う


一方、本作の撮影後に中山・市川とすでに共演を果たした古川は「福士くんが弟で、大東さんがお兄ちゃん。兄弟役をやってみたいですね!(市川とは)もう2回共演しているのでお腹いっぱい(笑)」とにっこり。


曇天に笑う


また、かねてより古川と親交の深い桐山は「“ポンちゃん”!ファンの方から“フルポン”って呼ばれてるらしくて、“フルポン”ってちょっと小恥ずかしいし、周りに“ユウキ”って名前の役者さんが多いので“ポンちゃん”!現場でUNOが流行っていたので、犲(やまいぬ)のメンバーと心理戦を描いた映画とかやってみたい」と明かしていた。


曇天に笑う


イベントでは、サカナクションが手がける主題歌「陽炎」とMIKIKO氏が振付を担当するダンスに合わせて、古川・大東・小関・市川・加治ら映画キャスト陣が踊る映画公式ダンスPV『曇天ダンス〜D.D〜』の生披露が。犲(やまいぬ)のメンバーに加え、福士・中山・若山も参加し、キレのある“曇天ダンス”を魅せ、会場を沸かせていた。






原作は、月刊コミックアヴァルス(マッグガーデン)にて連載され、TVアニメ化、舞台化もされた人気作。物語は、明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、300年に一度蘇る巨大な力を持つ大蛇復活を阻止すべく立ち上がる曇神社曇家三兄弟の活躍を描く冒険活劇。彼らの前には、復活の鍵となる「大蛇の器」の発見と破壊を目的とする明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲、大蛇の力を求める最強の忍者集団・風魔一族が立ちはだかる。


曇家三兄弟の長男で、曇家第14代当主であり「大蛇の器」を宿す主人公・曇天火を、時代劇映画初主演の福士蒼汰が演じ、次男・空丸を中山優馬、三兄弟の末っ子・曇宙太郎を若山耀人がそれぞれ演じるほか、古川雄輝が右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」のチームリーダー・安倍蒼世役、大東駿介が副隊長・鷹峯誠一郎役、桐山漣が金城白子役、小関裕太が映画オリジナルキャラクターの永山蓮役、市川知宏が武田楽鳥役、加治将樹が犬飼善蔵役、忍者集団・風魔一族の3人衆を池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太がそれぞれ演じる。監督を『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が務める。


映画『曇天に笑う』は全国公開中


©︎映画『曇天に笑う』製作委員会 ©唐々煙/マッグガーデン


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「曇天に笑う」をもっと詳しく

「曇天に笑う」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ