BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

中尾明慶、まさかのオファーに「できることならやめたいと思った」 “本人登場”で会見乱れる

モデルプレス3月21日(火)12時43分
画像:「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見にて(左から)ジミー大西、中尾明慶 (C)モデルプレス
写真を拡大
「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」概要発表会見にて(左から)ジミー大西、中尾明慶 (C)モデルプレス
【中尾明慶/モデルプレス=3月21日】「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」(2017年4月20日〜4月23日)の概要発表会見が21日、東京・新宿の吉本興業 東京本部で行われ、同映画祭で特別上映されるNetflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』(全9話、今夏配信)に出演する中尾明慶と小出恵介が撮影のエピソードを語った。

◆明石家さんまが連ドラ初プロデュース

明石家さんまが芸歴42年目で初めて連続ドラマプロデュースを手がけた同作は、ジミー大西とさんまの15年に渡る交流、嘘のようで本当に起こった爆笑エピソードの数々をドラマ化。ジミーを中尾、さんまを小出が演じているほか、佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久、手塚理美、温水洋一らが出演する。

◆“ジミー大西役”の心境は…

“ジミー大西役”に抜てきされた中尾は、オファーを受けた当時の心境を「できることならやめたいなと思いました(笑)」と本音で語りながら「さんまさんにもお世話になっていますし、『お前がやれ』って言われたので喜んだんですけど、役作りとしてジミーさんの資料映像を見させていただくと、見れば見るほど『どういう人なんだろう?』という感じで、役として掴むのが難しかったです」と苦労を明かす。

「自分のやりたいようにやっていい」というさんまからの指示もプレッシャーとなったようだが「クランクインしてお芝居した時、現場の雰囲気があまりジミーさんを考えすぎなくていいなって思わせてくれたんです。ドラマとして成立させるために、あまり意識しすぎると難しくなるので。途中からは考えなくてよくなった」と振り返り、「さんまさんがまず一番最初に(完成した作品を)見られているので、『やってくれてよかった』と言われた時はホッとしました」とさんまからのお墨付きに胸を撫で下ろしていた。

◆ジミー大西登場で会見が乱れる

会見にはジミー本人も駆けつけ、中尾の横に並ぶと「自分とキャラクターが似ている」と話し、会見の司会をつとめたガレッジセール・ゴリから「全然似てない!」とつっこまれる。ジミーは中尾の演技について聞かれると「ジミーは中尾さんのほうがうまい」とまさかの“本人超え”発言。ゴリから「自分を100%としたら、中尾さんは何%ジミー?」と問われると「1000%!」と即答し、爆笑をさらった。

また今作の見どころを問われてもしどろもどろのジミーは「実は、僕さんまさんから台本もDVDも何もかも見るなと言われて、全くわかんないです。全く見ていないから見どころがわかんないんです」と暴露。この日の会見も「昨日、電話あったんですよ。朝イチの電車でおいでって。吉本の本社来たら、何かしら誘導されるからって」と急なオファーであったことを明かすなど、終始“ジミー節”に翻ろうされ、笑いの絶えない会見となった。

さんま役を演じた小出も「本当に悩んだんですけれども、さんまさんがプロデュースされるってもう(これ以降)ないのかなと思いまして、やらせてもらいました」と葛藤の末にオファーを受け、「さんまさんのリズムだと、息ができない。吸いながら笑っているというか、ワンシーンやってへとへとになるのは初めての現場だった。酸素がなくなると思いました」と振り返っていた。

◆「第9回沖縄国際映画祭」過去最大規模で開催

2009年にスタートした「沖縄国際映画祭」は2014年より「島ぜんぶでおーきな祭」と改称し、映画・音楽・ダンス・お笑い・ファッション・アート・スポーツなど総合エンタテインメントの祭典として成長。今年は那覇のうみそら公園を中心に、北部や離島も含む過去最大規模の12市町村、20会場を上回る会場数で開催される。

開催にあたり、沖縄国際映画祭実行委員会実行委員長の大﨑洋氏は「映画祭とはなっているが、365日離島も含めた沖縄41市町村で色々な催し物をしている。今年の会場は12市町村に及び、島の方の応援団も45応援団」とイベントとしての成長を報告し、「来春には那覇市と国際通りの近くで、沖縄のエンタメ学校を始めたい。漫画家の養成やダンス、CGアニメなどのコースを構想している。沖縄は産業が育ちにくいところではあるが、日本のエンターテインメント産業の創出にトライしたい」とした。

会見にはほか木村祐一、間宮祥太朗、稲葉友、川村ゆきえ、しずる、吉木千沙都、岡崎朋美、天竺鼠、尼神インター、ゆりやんレトリィバァ、ミキ、女と男らが登壇した。(modelpress編集部)
Copyright 2017 モデルプレス All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「中尾明慶、まさかのオファーに「できることならやめたいと思った」 “本人登場”で会見乱れる」の関連ニュース

注目ニュース
妹のデビューに激怒の堀北真希に「なぜ姉妹で苗字が違うの?」と素朴な疑問 アサ芸プラス3月26日(日)9時58分
2月末に芸能界を引退した堀北真希が、妹に激怒しているという。原宿のサロンで働くアイリストの原奈々美さんは、一般人ながらインスタグラムのフォ…[ 記事全文 ]
新垣結衣 すでに疲労困憊気味も清水富美加の“穴埋め”で夏以降は不眠不休に! アサ芸プラス3月25日(土)9時57分
「ゆーるりん」。白いハイネックTシャツの上にふわっとした茶色のキャミソールを羽織った新垣結衣(28)がスキップで登場する。[ 記事全文 ]
元SMAP“造反メンバー”への非情すぎるペナルティ「キムタク以外はギャラ5割カット?」 アサ芸プラス3月26日(日)9時57分
昨年末をもって解散した国民的グループSMAP。騒動勃発当初は、ジャニーズ事務所からの独立を画策していた“造反組”の4人と木村拓哉(44)の…[ 記事全文 ]
りゅうちぇる、初めてじゃがいもの皮を知る ナリナリドットコム3月26日(日)4時33分
タレントのりゅうちぇる(21歳)が、3月24日に放送されたバラエティ番組「りゅうちぇる×ちゃんねる」(AbemaTV)に出演。[ 記事全文 ]
契約解除の山本裕典、後輩・岡本夏美が真相明かす 事務所社長から説明 モデルプレス3月26日(日)12時51分
【岡本夏美・山本裕典/モデルプレス=3月26日】俳優の山本裕典(29)の所属事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントは21日、同日付けで山…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア