片寄涼太&鈴木伸之が敬語禁止対談「もし涼太を口説くなら…」

3月21日(木)7時0分 NEWSポストセブン

映画『PRINCE OF LEGEND』出演の片寄涼太&鈴木伸之(撮影/川野結李歌)

写真を拡大

 つきあいは長く、仲もいいけれど、ふだんは敬語で話すという片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE、24才)と鈴木伸之(劇団EXILE、26才)。2人が出演する映画『PRINCE OF LEGEND』の公開を記念して、対談を開催。今回は敬語を禁止にして、「伸」「涼太」と呼び合うルールに。ホテルの一室に集った王子たちが語り合う。


鈴木:涼太とはなかなか同じ作品に出演する機会がなかったので、今回、共演できてすごくうれしかった。出会ってからは、もう8〜9年になるよね?


片寄:ダンスレッスンをいっしょに受けていて。その帰り道、語りあった仲!


鈴木:3〜4時間、語ったよね。


片寄:懐かしい! 当時はお互いに10代で、もちろんお酒なんて飲めないから、ずっとコーヒーでね(笑い)。


鈴木:カフェのテラス席で話してても、誰にも声をかけられなくて…。


片寄:“LDHタウン”と呼ばれている中目黒なのに! (笑い)伸はその頃から、ずっと変わらなくて、一言で言うと純朴。


鈴木:片寄くん…あ、涼太は。


片寄:名前、言い直した(笑い)。


鈴木:涼太は、本当に“THE王子”。この作品も涼太ありきでできたと思っているから。


片寄:ありがと。劇中では伝説の王子の座を巡っていろいろなバトルをしたよね。壁ドン、椅子取りゲーム、アクション…。


鈴木:三人四脚と、お姫様抱っこレースもあったよね。


片寄:あとはデート対決。…もしぼく自身が得意な対決を1つ選ぶなら、これかな!


鈴木:お〜! おれはお姫様抱っこ。


片寄:人と話すのが好きだから、デートでも緊張しないと思う。


鈴木:段取りをちゃんと組みそう。


片寄:デートなんだから、段取りって言うなよ〜(笑い)。劇中のデート対決は30分という設定だけど、実際に30分だったら何をする?


鈴木:短期戦すぎるよね(笑い)。どこかへ行くとしても、すぐ時間が経っちゃうからな。おしゃれな場所で、お茶するとか…?


片寄:ぼくもいっしょにお話ししたいけど、30分だとお見合いみたいになっちゃうかも。…これじゃ、デートが得意とは言えないか(苦笑)。伸はデートのときに、行き先とか相手に相談するタイプ? 自分に任せてタイプ?



鈴木:たとえば水族館に行きたいなと思っていたら、事前に“水族館とか、いいよね”って会話の中でジャブを打って、相手の反応を見る。好きそうだったら、じゃあ行こうって誘うし、微妙な反応だったら行く場所を変えようって感じかな。


片寄:へー! なかなかいい段取りしてますね!


鈴木:段取りって(笑い)。涼太の“理想のプリンセス”を予想すると…。


片寄:何〜? 言ってみて!


鈴木:スマートな女性が合いそう。お互い、段取りがいいみたいな。


片寄:あはは! また段取りって! 段取りで恋愛はしないから(笑い)。でも、賢い女性は素敵だと思う。自分が知らないことを知っていたり、仕事のことも相談できるような人がいいな。伸は、高嶺の花みたいな女性にも、ちゃんと好きって言えそう。


鈴木:確かに。でも中身重視だよ! 内側からにじみ出る魅力を持っている女性が素敵だなと思う。もしおれが女性だとして涼太を口説くなら、美味しい料理を作って胃袋をつかむ。


片寄:それは落ちるね。料理は全然できないから…離れられない。逆に伸の攻略法は…頻繁に連絡する。


鈴木:わりと簡単だなっ(笑い)。


片寄:あはは! SNSでやり取りしているうちに、気づいたら好きになっていたりしそう。ちょっとしつこい子でも好きそう…。


鈴木:…ん!?


片寄:あ、それは苦手? あぁ、おれは伸のことを落とせない〜…。


鈴木:涼太はまだ、おれのことをわかってないな(笑い)。


片寄:悔しい〜! でも劇中では、いろいろな王子たちが、ヒロインに振り向いてもらうために、伝説の王子の座を目指して、今までに見たことのないようなバトルを繰り広げるので。楽しく見ていただきたいですね。


※女性セブン2019年3月28日・4月4日

NEWSポストセブン

「敬語」をもっと詳しく

「敬語」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ