蒼井そら“美男子”風ショット 主演ドラマ撮影で「夜型人間が早寝早起きしています」

3月21日(水)13時26分 Techinsight

朝からドラマ撮影が続く蒼井そら(画像は『蒼井そら 2018年3月20日付オフィシャルブログ「撮影3日目。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

蒼井そらがBSジャパンの「真夜中ドラマJ」枠にて4月よりスタートする『逃亡花(のがればな)』でヒロイン役を務める。彼女にとって連続ドラマ初主演とあり、『蒼井そらオフィシャルブログ「今日のSOLA模様」』で役作りや撮影の苦労を綴っている。

彼女が演じるのは主人公となる若妻・咲子だ。愛する夫とつつましいながらも幸せな日々を送る咲子だったが、夫を殺害されその罪を着せられ逮捕されてしまう。逃亡した咲子は、殺害の直前に雨の中で見かけた背中に“女の能面の刺青”がある男を見つけ出して復讐するため、夜の街に立つ。

3月18日にブログでクランクインを伝えた蒼井そら。「ここ4、5年、海外の映画に出る機会の方が多く、日本語で芝居をする事が少なかったのですごく嬉しいです。主演という事もあるので、とても緊張しています」「緊張のせいか昨夜は上手に寝れませんでした」という。

役作りのため慣れ親しんだ「マツ毛エクステ」をとり、「自分のまつ毛の短さにビックリよ」「すっごいすっぴんを見てるようだ。すっごいすっぴんって何だよ…」と自分の変身ぶりを楽しんでいた。

そんな彼女が3月20日に「撮影3日目。」と自撮りを投稿しているが、まるで「美男子」のようだ。「極度の夜型人間が早寝早起きしています」「今日は外のシーンばっかりの撮影。昨日に比べて寒い朝。しかも雨…」という日々を送り、凛とした表情になってきたのかもしれない。

今年の1月10日には、ネットニュースで中国のファンによる「蒼老師を好きなのは、彼女の微博の書き込みと、明るくて勇敢な姿勢からだ」「心無いコメントにも向き合い続けたハートの強い女性。一部の心無い中国人に代わって、自分が謝りたい…」といった趣旨の言葉を見つけ、「久々になんか嬉しい記事だったな」と元気づけられていた。

今回の『逃亡花(のがればな)』は、蒼井そらにとって日本でもさらにファンを増やすチャンスだろう。過酷な撮影を乗り越えて4月からの放送でどのような演技を見せてくれるのか期待したい。

画像は『蒼井そら 2018年3月20日付オフィシャルブログ「撮影3日目。」、2018年3月18日付オフィシャルブログ「役作り?」』のスクリーンショット

Techinsight

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ