TVアニメ「殺戮の天使」第一弾PV公開!主人公のキャストも発表

3月21日(水)22時1分 財経新聞

 2018年7月よりアニメの放映開始が予定されている「殺戮の天使」の第一弾となるPVが公開された。動画内では主人公のふたりの声優も発表されている。

【こちらも】サイコホラーアドベンチャーゲーム「殺戮の天使」アニメ化が決定

 「殺戮の天使」の原作は、星屑KRNKRN(真田まこと)による探索型のサイコホラーゲーム。ニコニコゲームマガジンで2015年より2016年にかけて公開され、現在は完結している。

 その後、コミカライズ、スピンオフ、追加エピソードを加えたスマートフォンアプリ化など、積極的にメディアミックス展開されている。現在6巻まで発売されているコミックスは発行数累計120万部を超え、スマートフォンアプリは100万ダウンロードを突破している、人気作品だ。

 主人公は記憶を失い、どこか人間らしさも欠落している13歳の少女レイチェルと、肌を包帯で覆い、死神のような鎌を持つ20歳前後と見られる殺し屋・ザックのふたり。ふたりは謎の建物に閉じ込められており、出口を探す途中で出会う。

 レイチェルはザックに「私を殺して」と頼み、ザックはレイチェルの頭の良さに目をつけ「ここから出るために自分に協力する」ことを条件にそれを引き受ける。約束を交わしたふたりは、脱出のために建物の上を目指す。

 だが建物の中にはさまざまに悪趣味な趣向を凝らす殺人鬼がおり、各階を支配する彼らを倒さないと上には進めない。ふたりは協力して難問や苦難に立ち向かい、共に死線をくぐり抜けるうちに奇妙な絆も生まれてくる。

 今回公開されたPVでは、新情報としてレイチェルとザックのキャストが発表された。レイチェルは千菅春香、ザックは岡本信彦が担当する。コミカライズを担当する名束くだんの絵をベースに、走って逃げるレイチェルやヒステリックな笑い声を上げて鎌を振り下ろすザックなどが登場した。

 困難の果てにふたりが見るものは何か。ふたりが交わした約束は果たされるのか。個性豊かな殺人鬼たちを担当する声優の追加発表なども含めて、続報に期待したい。

財経新聞

「天使」をもっと詳しく

「天使」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ