『デビル メイ クライ 5』発売から約2週間で200万本出荷を達成。前作『DMC4』の300万本に早くも近づく

3月22日(金)15時32分 電ファミニコゲーマー

 カプコンは『デビル メイ クライ 5』の出荷本数が200万本を達成したと発表した。3月8日からPS4とXbox One、PCにて販売されている本作は、およそ2週間ほどでダブルミリオンに至ったことになる。

 同社は公式サイトにてミリオンセールスを達成した作品を掲載しているが、2008年にリリースされた『デビル メイ クライ 4』はシリーズ最高の300万本を出荷販売しており、本作がそれを超えるのは時間の問題だろう。

 本作は、ナンバリングタイトルとしておよそ11年ぶりの新作だが、長いブランクをものともせず、根強いファンが支持した形だ。記事執筆段階では、Metacriticでの平均スコアは、PS4版、Xbox One版とも87点と高い得点をマーク。一部の海外メディアからは早くもゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補と成りうるゲームとして賞賛されている。

(画像はSteam | Devil May Cry 5より)

 カプコン内製の「REエンジン」によって、最新のスタイリッシュ・ハイスピード・アクションとして蘇った本作は、シリーズの伝統を守りつつ、野心的なアイディアを盛り込み、正統進化の呼び声も多い。ネロ、ダンテ、Vの三人のプレイキャラクターを操作し、悪魔たちをなぎ倒していくだけではなく、使役することもできる。ストーリーも好評で、シリーズを知っていれば嬉しくなるような集大成的な趣すらある。

 約一ヶ月前には『バイオハザード RE:2』が全世界で400万本の出荷が達成したと報じられていたカプコン。昨年は『モンスターハンター:ワールド』の出荷数も1190万本を突破している。近年、快進撃が止まらないカプコン。本作も最終的にどこまでセールが伸ばるのか注目だ。

ライター/福山幸司

デビル メイ クライ 5 公式サイト
ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

電ファミニコゲーマー

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ