竹内涼真、新CMで一人三役! クセのある3兄弟を熱演【写真16枚】

3月22日(木)4時0分 マイナビニュース

俳優の竹内涼真が、25日より全国で放送開始されるロッテ「EATMINT(イート・ミント)」の新CM「ミント3兄弟」編で、クセのある3兄弟を一人三役で演じている。

新CMでは竹内が3兄弟を演じ、「EATMINT」がガムでもミントタブレットでもない、"噛んだら溶ける”第三のミントであることを表現。特徴の違いを、インテリ系、オラオラ系、爽やか系という違いが際立つ3兄弟のキャラクターを通して伝える。

家族会議に呼び出された双子のガム(長男)とタブレット(次男)は、父から弟がいるという衝撃的な事実を打ち明けられ、すると突然、「僕はイート・ミント!」とイート・ミント(三男)が登場。「ガムでもタブレットでない、第3のミントなんだ」とさわやかに自己紹介する。ガムとタブレットはいきなり現れた弟の胸ぐらをつかむも、イート・ミントはその剣幕を爽やかにかわし、笑顔で「噛んだら、溶けるんだ」と説明。意味がよくわからなかった様子の2人だったが、「EATMINT」を口の中に入れて溶けるという特徴をスーッと体感。その様子に満足したのか、イート・ミントは笑顔で去っていく。

今回のキーマンである三男イート・ミントはさわやかな好青年、そして、少しキザでオシャレな次男タブレットとインテリでお坊ちゃま気質の長男ガム。一人三役で行うため、撮影は自身の演じた役柄と合成しながらという竹内にとって初めての撮影方法に。“その場”にはいないほかの兄弟の動き方と合わせる必要があり、肘の上げ方、顔の角度など監督から細かい指示が入りましたが、竹内はほぼノーミスで演じていたという。

竹内は「楽しかったですよ。特に長男。普段こういう役をやらないので、自分の中では、“甘やかされた長男”と設定して」と撮影を楽しんだ様子。また、「僕自身は長男なんですけど(弟1人、妹1人との3兄弟)、基本自由ですね。たまに、お兄ちゃんしないとなって2人をどこか遊びに連れ回ることはあるんですけど、普段は全然。自分のために、頑張っています」と、CM同様に3兄弟である自身の家族について話し、「落ち着きがない(笑)、唯一共通ですねそこだけ。誰もみんな似ていないので全員。だからうるさいですよ、3人集まると!」と明かした。

マイナビニュース

「竹内涼真」をもっと詳しく

「竹内涼真」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ