とんねるず、最後の歌で"フジテレビを おちょくるなよ" 30年の歴史に幕

3月22日(木)22時1分 マイナビニュース

お笑いコンビ・とんねるずがメインを務めた、フジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の最終回が、22日に放送された。

最終回は、スタッフが参加した音楽ユニット・野猿と、前身の『とんねるずのみなさんのおかげです』第1回ゲストの松田聖子をゲストに迎え、番組の歌の歴史を振り返る「さいごのうたばん」を放送。

このラストで、とんねるずの2人が91年に発売された番組のエンディングテーマ曲「情けねえ」を熱唱し、歌詞の「この国を〜滅ぼすなよ」を「バラエティを〜滅ぼすなよ」に、「この国を〜おちょくるなよ」を「フジテレビを〜おちょくるなよ」に変えて歌い終えた。

演奏が終わると、石橋貴明が「『みなさんおがげでした』は、今日でこれまで!」と発し、とんねるずの2人で、人気コーナー「モジモジくん」の締めのあいさつ「バーイ、センキュ」。

テロップで「30年間支えてくれたすべての仲間と テレビの前で同じ時代を過ごしてくれた あなたに愛と感謝を込めて…みなさんのおかげで」まで表示され、最後にオープニングタイトルでおなじみの「した」で締めくくった。

同番組は、88年11日に『火曜ワイドスペシャル』で単発特番『とんねるずのみなさんのおかげです』としてスタートし、88年10月にレギュラー化されてから22日の『—おかげでした』最終回まで、計1,340回が放送された。

番組の終了を受け、DVD-BOX『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』が21日に発売。宮沢りえ観月ありさの初々しい学校コントや、中森明菜や荻野目洋子などの女性アーティストとの共演による貧乏家コント、そして『みなさんのおかげです』がレギュラー放送になる前の『火曜ワイドスペシャル』時代から参加していたチェッカーズの不良学生コントなどのコントが収録されている。

(C)2018 フジテレビジョン

マイナビニュース

「とんねるず」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「とんねるず」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ