【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」

3月22日(金)15時48分 エンタメOVO

ヘアメイク:山内聖子( söt )/スタイリト:山口幸奈( BRÜCKE )

写真を拡大

 3月24日からWOWOWで放送が開始される「連続ドラマW 絶叫」は、貧困や無縁社会、ブラック企業という現代社会の闇に切り込む社会派サスペンス。平凡な家庭に生まれながらも、家族の不幸をきっかけに人生を踏み外して転落、やがて犯罪に手を染めていく主人公・鈴木陽子を演じるのは、演技派女優・尾野真千子。「私もこうなっていたかも…」と語る鈴木陽子役に対する思いを中心に、撮影の舞台裏を聞いた。



−台本を読んだときの感想は?

 本当に心が痛い作品だな…と。なぜ誰も、陽子のことを救ってあげられなかったのかと思いました。誰でも陽子のようになり得る可能性がありますし、仕事がなかった下積み時代のことを振り返ると、私だって一歩間違えればこうなっていたかもしれない…。そう考えたら、ゾクッとしました。そういう意味で、私自身も陽子に共感しましたし、視聴者の方にも共感していただけるのではないでしょうか。

−そんな陽子という女性を演じてみた感想は?

 やっぱり、感情移入しやすいですね。普段、現実味の薄い作品に出演するときは、気持ちをどう持っていけばいいのか悩むこともありますが、今回は自分自身がお手本かと思うほど身近に感じます。普通に涙も出てきますし、素直に役と向き合えているような気がします。

−身近に感じると言っても、陽子のように犯罪に手を染めるところまではなかなかいかないわけですが、そのあたりはどう受け止めましたか。

 近からず、遠からずだなと…。お金がないだけで、人はとてもみじめで不安な気持ちになります。電車に乗ることすらできず、何もできない。そうすると、全てが敵に見えてくるんです。時には、ただお店で商品を売っているだけの人にまで、「物を売っているぐらいで、人を上から見るんじゃないわよ」みたいな感情を抱いてしまいますし…。やりたいのにできない。やれる体はあるのに、できない。そういうことが人をどんどん人をマイナス思考にしていく。だから、普通は「犯罪なんて…」と思っていても、そういう気持ちになるまで、実はそんなに遠くないような気がします。

−尾野さん自身が、それほど身近に感じる陽子のようにならずに済んだのはなぜでしょうか。

 私には、お金がないときでも、話を聞いてくれる人たちや助けになってくれる人たちがいました。悩んでいるときも、少なくとも週に1回は家族と話ができましたから…。周りの人に恵まれていたから、なんとかやってこられたんだと思います。でも、陽子はそうではなかった。母親から見捨てられ、誰にも話を聞いてもらえなかった。そのことを考えると、本当に心が痛いです。

−そんな陽子を演じる上で心掛けていることは?

 「ごく普通の人を演じてほしい」。最初にプロデューサーや監督から、そう言われました。「普通の人がどうなっていくのかを描きたいので」と。だから、本当に平凡な普通の人を演じています。ただ、ぼそぼそと小声でしゃべってばかりいるので、ストレスがたまります(笑)。猫背でうつむきながら「すみませんでした」と謝るような場面も多く、肩も凝りますし…。タイトル通り絶叫するシーンもあるのですが、まだ撮影していないので、早くやってすっきりしたいです(笑)。

−髪を切られたのは、役作りのためでしょうか。

 「そうです」と言いたいところですが、実はただの気分転換です(笑)。こんなに短くしたのは中学生のとき以来。切ってみたら髪を洗う時間が短くなったし、乾くのも早くなったし、シャンプーも節約できて感動しました(笑)。だから、お金のない陽子が節約生活を送っていると考えれば、結果的に正解でした(笑)。ただ、陽子は職業を転々とする上に、演じる年代が20代から30代までと幅広くなります。そこで、「この時代は巻いて、この時代はストレートで…」と、メークさんと話し合いながら変化をつけるようにしています。

−髪形も役作りの上で大事にされていると?

 ものすごく大事です。衣装やメークによって芝居は変わってきます。前髪がちょっと目にかかるだけでも全然違いますから。

−そういう部分でのお芝居の違いも見どころですね。ところで、陽子と関わる悪徳NPO法人の代表・神代武を演じる安田顕さんとは一緒にお芝居をするのは初めてだったそうですが、印象は?

 本物の悪徳業者にしか見えません(笑)。何を考えているか分からない目の奥を見ていると、引き込まれそうになります。陽子が神代から優しい言葉を掛けられる場面を撮影したときも、「この人に引き込まれたい」と、思わず心が動いてしまって…。そういう「ずるさ」を感じて、みんなが悪徳業者にだまされるのも分かるな…と。それぐらいリアルな役作りをされています。

−現在、撮影の真っ最中だと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか。

 とてもいいチームで、毎日楽しく過ごしています。きちんと芝居を中心に撮ってくれるのもありがたいなと。おかげで、迷いなく演じることができますし。芝居に専念できる上に、スタッフも大好きな人たちが集まっています。こんなにストレスのない幸せな現場は、滅多にありません。これに慣れてしまうと、他の現場に行けなくなるのではないかと心配なぐらいです(笑)。

−この作品は社会派サスペンスであると同時に、陽子の壮絶な生きざまを描いた人間ドラマでもあります。劇中にも「生きるって、あがくことじゃないかな」という印象的なせりふがありますが、尾野さんにとって「生きる」とは?

 「生きる」は「生きる」です。命をもらったんだから、諦めちゃ駄目。生きなきゃいけない。その点は、陽子にも通じるものがあります。彼女も結局、生きるためにもがいているわけですから。ただ、選択を間違えただけ。だからこそ、私たちはそうならないようにしなければいけない。簡単に答えの見つかる問題ではありませんし、生きていればいろいろなことがありますけど、それは誰にとっても当たり前のこと。「生きる」って大変だけど、その当たり前のことのために頑張らなきゃいけないなと思っています。

(取材・写真・文/井上健一)

エンタメOVO

「連続ドラマ」をもっと詳しく

「連続ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ