離乳食すらチャラく作るパパのセンスに脱帽 『まめ日和』第101回

3月23日(金)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


夫の作る料理のレパートリーっていちいちオシャレで


料理が好きってのはもちろんあるのでしょうがその動機は「モテ」だったんじゃないかと踏んでいます。


先日、パンが食べられるようになったゆめこのために


初めて離乳食を作ってくれたのですが


その離乳食すらチャラいというブレなさ加減には度肝を抜かれました。


聞けば、パッパ・アル・ポモドーロとは


フィレンツェ名物のパン粥で


幅広い年齢層に好まれている料理なのだとか。


今回は離乳食ということで、ニンニクや塩、チーズ、油を控えめに作ったそうなのですが


クセのないトマトの風味でたいへん食べやすく


ゆめこはもちろん、私たちも一緒に夕食の席で楽しみました。


しかし夫のスキル、底知れない。


どうしてまめの時には発動されなかったんだろう……?


余談ですが、結婚前に夫が初めて振る舞ってくれた手料理は


真鯛の冷製パスタ柚子胡椒風味でした。

女性自身

「離乳食」をもっと詳しく

「離乳食」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ