『人間失格』リメイクの劇場アニメ年内公開 企画に宮野真守、本広克行氏など参加

3月23日(土)10時0分 オリコン

劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』のティザービジュアル (C)2019 HUMAN LOST Project

写真を拡大

 太宰治の名作『人間失格』をリメイクした劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』が制作されることが決定し、年内に全世界で公開されることが23日に発表された。あわせて、ティザービジュアルやPV、スタッフ&キャストも公開。大庭葉蔵役を宮野真守、スーパーアドバイザーを『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』で知られる本広克行氏、監督を『アフロサムライ』の木崎文智氏、アニメーションはアニメ映画『GODZILLA』3部作などを手がけたポリゴン・ピクチュアズが担当する。

 これは22日にアメリカのシカゴで開催されたポップカルチャーイベント「CHICAGO COMIC & ENTERTAINMENT EXPO(C2E2)」のステージイベントで発表されたもの。太宰治が今年、生誕110周年を迎えることを記念して企画され、破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性を日本最高峰のクリエイター陣によって再構築する。

 主人公・大庭役を務める宮野は「誰もが知る、太宰治の傑作『人間失格』を原案とした、日本発のダークヒーローが誕生しました! 本作は、最新の映像技術を駆使した痛快なアクションの中に、日本人だからこその精神性、わびさびのある世界観が展開される、まさに日本人にしか作れないエンターテインメント作品です」とアピール。

 スーパーアドバイザーの本広氏は「この著名な文学作品を近未来SFへ置き換えるにあたり、世界観に『現代』を反映させるための設定を幾つか提案しました。その後、脚本の冲方さんと木崎監督が作品にドライブをかけ、現場を支えて下さったスタッフの皆さんと共に長い長い道のりを踏破して遂にここまで辿り着いたことへ、心から敬意を表します」と感謝。

 木崎監督も「近代古典文学『人間失格』を“SFエンタテイメント作品”として再構築する。『そんなことが可能なのだろうか』と、先の見えない深い靄の中を踠きながらの作業でもありました」と語った。

 『HUMAN LOST 人間失格』は、医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京が舞台。人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する無病長寿を約束されたが、究極的な社会システムは、環境汚染や経済格差など国家にさまざまな歪を産み出していた…。

 薬物に溺れ怠惰な暮らしをしていた大庭はある日、激しい闘争に巻き込まれるが、不思議な力を持った少女に命を救われて、自分は人とは違う力を持つことを知る。墜落と死、生と希望、大庭は運命に翻弄され“鬼”と化す姿が描かれる。

■スタッフ情報
スーパーバイザー:本広克行
監督:木崎文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部

■キャスト情報
大庭葉蔵:宮野真守

(C)2019 HUMAN LOST Project

オリコン

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ