千鳥、『相席食堂』イチローに「一度オファーしてみたい」

3月24日(日)23時15分 オリコン

『相席食堂』MCの千鳥。4月2日から「ナイトinナイト火曜日」枠に移行(C)ABC

写真を拡大

 ABCテレビで日曜夜に放送している『相席食堂』が、4月から火曜の「ナイトinナイト」へ移行(初回は4月2日、毎週火曜 後11:22〜深0:22)。セットを一新し、これまでの“相席旅”に加え、若手芸人が担当する新たなコーナーが加わるなど、パワーアップして登場する。

 2018年4月にスタートした同番組は、芸能人が日本全国の町を訪れ、地元の人とふれあう行き当たりばったりの“相席旅”に、千鳥がツッコミを入れながら見守るバラエティー。何が起こるかわからない相席旅は、芸能人と地元の人との交流や街の魅力が見どころの一つだが、一番の見どころは千鳥のツッコミ。スタジオでVTRを見ながら、気になるところで“ちょっと待てぃボタン”を押し、VTRを止めて突っ込む千鳥の絶妙なトークは、どんなVTRも面白くする。そんな番組が評判を呼び、放送批評懇談会が選定する「2019年1月度ギャラクシー賞月間賞」を受賞。さらに注目を集めることとなった。

 4月からの枠以降を前に、取材に応じた千鳥。実は、『相席食堂』の最初の会見で「ナイト」枠に行きたいと語っていた。「番組を始める前は言ってましたね。でも、収録してみたら、この番組で行けるわけないと思いました(笑)。それがまさかの憧れの枠ですから。任せていただけて光栄です」と、喜ぶノブ。大悟も「18歳ぐらいで岡山から出てきて、初めて大阪で『ナイト』の番組を見て、芸人やったらいつかはやりたいと思っていた枠。本当に夢がかなったんですけど、『相席食堂』で(?)というのはあります(笑)」と、喜びながらもいぶかしがる。

 番組が話題になっていることについては、「とんでもないVTRを見て、スタッフに本気で怒ったりしていたんですが、それを第三者の方(視聴者)が観ると面白い構図になっていたんですね。だから、この番組が面白くなったのは、まぐれです(笑)」と、番組の魅力を分析。
 
 以前の放送で「巨人の菅野智之投手が番組のファンで、出たいと言っている」と話していたノブ。記者がこの経緯を尋ね、菅野投手の話題になると、「最初は、内海投手がロッカールームで千鳥のDVDをみんなに面白いと勧めていたみたい。一時、巨人のロッカールームで千鳥ブームが来たという話を聞きました」と明かす。

 記者から「イチローさんは?」という質問が飛ぶと、「こちらに突っ込む勇気があるかどうかだけど、ぜひ、一度オファーしてみたい」というノブに大悟は「野球はめちゃめちゃ上手いけど、ロケは下手やろ?」と、突っ込む。

 また、「『ちょっと待てぃ』なこと」を聞かれたノブは、「番組が30分から1時間に、しかも『ナイト』枠になるというので、軽くマネージャーに『ギャラは倍以上になるんですよねー』と聞いたら、渋い顔。これは“ちょっと待てぃ”です」と話し、一同を笑わせていた。

 4月2日の放送からは、スタジオのセットが一新、庶民派から豪華な食堂(!?)に生まれ変わる。また、番組後半には、若手芸人が週替わりで担当する新コーナー「百聞は相席にしかず!」も登場。ネット情報や世の中にはびこるうわさを、“相席”を通して調査し、検証する。さらに、続々と豪華な旅人も登場する予定だ。

オリコン

「千鳥」をもっと詳しく

「千鳥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ