アップアップガールズ(2)、初の9人体制ライブ「今日が新たなスタートを切る日」

3月24日(日)0時24分 オリコン

「アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー」(23日・マイナビBLITZ赤坂)(C)Deview

写真を拡大

 6人組アイドルグループ・アップアップガールズ(2)(高萩千夏/吉川茉優/鍛治島彩/橋村理子/中川千尋/佐々木ほのか)が23日、結成以来の悲願であるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブ「アップアップガールズ(2) #アプガ2セカンド #スターティングオーバー」を開催。新メンバー新倉愛海、島崎友莉亜、森永新菜の3人を加えた9人での初パフォーマンスを約1000人のファンに披露した。

 お姉さんグループ「アップアップガールズ(仮)」のオープニングアクトに続き、新たに作られた「overture(2)2019 9ver」に乗ってメンバー6人が、橋村がデザインした背中に煌めく「(2)」の文字を背負った新衣装で登場。オープニングナンバーの「OVER DRIVE」で一気に会場を一つにした。

 「ここまで来ましたーっ!」と鍛治島は、鼻リコーダー演奏による「空も飛べるはず」で悲願のマイナビBLITZ赤坂のステージに立った喜びを表現。それぞれが感謝と決意を述べ、クールでカッコいいめの楽曲「かかって来なさい」「エンジェル演じて20年」「っていう初恋のお約束」を連続披露した。

 そして「新メンバーを呼んじゃいたいと思います! カモン!」の声に導かれ3人の新メンバーが元気よく登場。オーディションの課題曲でもあった「ハッピースLOVE」を9人の新体制で初披露。セリフ部分も溌剌とパフォーマンスし、大きな歓声を浴びた。ソロコーナーのためにメンバーが着替えに入っている間、ステージ上は新メンバーの特技披露のコーナーに。新倉はダイナミックな側転と開脚を、島崎は145cmの小さな身体に大きなギターで弾き語りを、そして森永は、オーディションでも見せた「メンバー紹介ラップ」を新メンバーバージョンで披露。ラップには新たに本格的なオリジナルのバックトラックがつき、ファンを驚かせた。

 それぞれの個性に合わせた楽曲でソロを聴かせ、アゲアゲでパワフルな楽曲を5曲連続で披露しライブは最高潮に。最後はつんく♂プロデュースの「全部青春」で本編の幕を閉じた。アンコールでは6thシングル「We are Winner!」「スターティングオーバー」を歌唱。その場で新メンバーのツイッター、SHOWROOMの解禁が発表され、さらに全国ツアー「アップアップガールズ(2)ライブツアー2019 アオイハル アツイナツ」がサプライズ発表された。開催地に静岡ROXYが含まれていることを知ると、静岡出身の中川は歓喜の涙を流した。

 ダブルアンコールで再び登場し、マイクを取った吉川は「結成して2年、アプガ(2)は環境の変化が目まぐるしくて。メンバーの気持ちがなかなか追いつかないなって時もあったんです。このマイナビBLITZが発表されて、不安だなって思う時もあったんですけど、本当にそんなことなくて! 今日こうやってたくさんの方がアプガ(2)を見に集まってくれて、そして、今このステージに9人が立てていること、本当に嬉しく思います!いつも応援してくださる皆さん、私たちを陰で支えてくれる皆さん、本当にありがとうございます。今日はアプガ(2)の新たなスタートを切る日であり、次の目標に向かって頑張って行く日でもあります。これからもっともっと楽しいことを皆さんとしたいし、もっともっと楽しいライブを皆さんにお届けしたいと思います」と感謝を伝え、「その原動力はいつでも皆さんですからね! ホントにみんなが居なきゃ、ここには立てないので、これからもアプガ(2)の応援よろしくお願いします!」と「スターティングオーバー」の歌詞を引用して呼び掛けた。

 この日から9人体制で歩みだしたアプガ(2)。4月2日発売のシングルのリリースイベント、そして6月から全国5ヵ所10公演の全国ツアーへ。新たなスタートを切った彼女たちの歩みは止まらない。

オリコン

「人体」をもっと詳しく

「人体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ