指原莉乃、“NGT問題”で運営側に苦言「私の周りも全員納得はしていない」

3月25日(月)15時59分 AbemaTIMES

 HKT48指原莉乃(26)が24日、フジテレビ系『ワイドナショー』に出演。NGT48の山口真帆さんが受けた暴行被害を巡り、運営会社のAKSが22日に行った会見について言及した。


 会見でAKS運営責任者兼取締役の松村匠氏は「本事件そのものへのメンバーの関与はなかったとの判断がなされました」「(メンバーの)風紀の乱れ全般は、今回は不問にいたします」「メンバーとのコミュニケーションが今まで不足していたということは、肌で実感しております」などと説明。すると会見開始から40分後、山口さんが事件告発以来2カ月ぶりに更新したTwitterで反論した。

 「記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。(中略)コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」


 このツイートについて会見中に質問が及ぶと、松村氏は「やはり山口自身はこの報告書にまだ納得していないんだなということがリアルタイムのツイートでもわかりますし、引き続きこれは話をしていくしかないのかなという風に思います」と答えている。


 指原は番組で「私の周りのメンバーも『なんでこうなっているんだろうね』という感じで全員納得はしていない」と運営側の会見での発言に苦言。さらに、「私は第三者委員会の存在がよく分かっていない。AKSが依頼したから、AKS寄りの意見になってしまうんじゃないか。これで解決したと会社が思っちゃいけない」と運営側に対して不信感を顕にした。

AbemaTV/『AbemaNews』より)


【無料配信】NGT48山口真帆さん暴行被害に元SKE48柴田阿弥が苦言

【無料配信】第三者委の報告書を受けたAKSの会見(28:40〜)

AbemaTIMES

「指原莉乃」をもっと詳しく

「指原莉乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ