第1位は『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』先週公開映画 初週予約アクセスランキングTOP5(2019年3月第4週)

3月25日(月)18時44分 映画ランドNEWS

映画ランド 予約アクセスランキング


国内最大級の映画チケット予約サービス「映画ランド」は、サービス内のデータに基づいた2019年3月第4週公開作品の週末における「予約アクセスランキング TOP5」を発表しました。



第1位:『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』27.1%


L・DK
(C)「2019 L・DK」製作委員会

2014年に剛力彩芽×山﨑賢人の共演で実写映画化された「L・DK」。キャストを一新して描かれる本作では、原作コミックの中でも絶大な人気を誇る「玲苑編」が描かれる。


恋愛映画に初挑戦となる上白石萌音が演じるのは、まっすぐだけど恋には奥手なヒロイン・西森葵。“壁ドン”や“キスシーン”にも初挑戦となる。さらに、学校一のイケメン・久我山柊聖役に杉野遥亮、アメリカからやってきた柊聖のいとこ・久我山玲苑役に横浜流星が扮する。


※『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』を観た人の感想

「4分に1回どころではない胸キュンシーンのオンパレード!」「ニヤニヤが止まらない♡ず〜っとキュンキュンしっぱなし」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)


第2位:『バンブルビー』20.2%



バンブルビー
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

記念すべきシリーズ初のスピンオフ作品は、シリーズきっての人気キャラクター“バンブルビー”が主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることのなかったエピソードが初めて明かされる。


バンブルビーが出会う少女チャーリー役に『ピッチ・パーフェクト2』『スウィート17モンスター』のヘイリー・スタインフェルド、監督を『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で知られるトラヴィス・ナイトが務める。


※『バンブルビー』を観た人の感想

「単なるバディものではないストーリーに見事に心を打たれてしまった。」「バンブルビーの仕草が可愛すぎました!」「トランスフォーマーはやっぱ最高におもろい作品やと思う。」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)


第3位:『ブラック・クランズマン』13.8%



ブラック・クランズマン
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS

1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、鬼才スパイク・リー監督が映画化した本作。


主演のロン・ストールワースを演じるのは、名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作のカイロ・レン役で知られるアダム・ドライバーが演じる。監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。


※『ブラック・クランズマン』を観た人の感想

「本作のメッセージ、ユーモア、音楽、すべてが最高!ブラックパワー!」「めちゃくちゃ面白くて、声を出して笑ってしまいました」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)


第4位:『PRINCE OF LEGEND』12.0%


PRINCE OF LEGEND
(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

「HiGH&LOW」をプロデュースしたHI-AXチームがおくる新プロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。日本テレビ系で連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」がスタートし、3月21日(木・祝)には映画『PRINCE OF LEGEND』が公開される。連続ドラマでは、「14人の王子たちがなぜ伝説の王子の座を目指すことになったのか?」が描かれたが、映画ではそのクライマックスとなる「伝説の王子選手権」が幕を開ける。


キャストは連続ドラマから引き続き、GENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー。劇団EXILEより、鈴木伸之・町田啓太。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎。そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいちら、この作品でしか観ることのできない“圧倒的王子感”を持つ出演者たちが集結した。


※『PRINCE OF LEGEND』を観た人の感想

「もうほんとにかっこよすぎた❤ 心臓がずっとドッキドキでやばかった! 最高でした!!」「イケメンがいっぱいで目の保養」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)



第5位:『ビリーブ 未来への大逆転』2.6%


ビリーブ 未来への大逆転
(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

本作の舞台は1970年代のアメリカ。女性が職に就くのが難しく、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった時代に、弁護士ルース・ギンズバーグが起こした史上初の「男女平等」裁判について描かれる。今なお、アメリカで最高裁判事を最高齢の85歳で勤め、スーパーヒーロー的存在となったルース・ギンズバーグの若かりし弁護士時代を、『博士と彼女のセオリー』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などで知られるフェリシティ・ジョーンズが演じる。彼女を信じ、支え続けた夫のマーティ役にアーミー・ハマーが扮する。


※『ビリーブ 未来への大逆転』を観た人の感想

「いろいろな差別を経験し、それでも折れる事なく立ち向かっていく姿勢に力を貰える作品」「戦う女性はいつの時代もかっこよく美しいですね。」(映画ランドで投稿されたレビュー抜粋)


【映画ランド 初週予約アクセスランキング

2019年3月第4週に公開された映画を対象に、チケット予約開始日から2019年3月24日(日)までの予約アクセス数(※1)を集計し、予約アクセスの割合(※2)が高い作品から順に「映画ランド 週末予約アクセスランキング」として算出したものです。

※1:予約アクセス数とは、映画ランドアプリにて上映時間から各劇場サイトにアクセスした回数です。

※2:予約アクセス割合とは、2019年3月第4週に公開された各作品の予約アクセス数を、同時期に公開された全作品の予約アクセス数の合計で割った数値です。

・本ランキングは2019年3月第4週公開の全作品を対象とし、TOP5を発表したものです。

・リバイバル上映作品は本ランキングの対象外です。


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「L・DK」をもっと詳しく

「L・DK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ